《バックファイア/Backfire》

永続罠
自分フィールド上の炎属性モンスターが破壊され墓地へ送られた時、
相手ライフに500ポイントダメージを与える。

 天空の聖域で登場した永続罠
 炎属性モンスター破壊され墓地へ送られた時に効果ダメージを与える効果を持つ。

 破壊以外に条件は全くなく、【炎属性】系統なら発動は容易である。
 自己再生する《きつね火》《炎王炎環》と組み合わせることで、アドバンテージを失わずに効果ダメージを与えることができる。

 ただし、高速環境ではダメージの数値が小さいため、相手の行動に影響を及ぼさないことが多い。
 しかしそれを利用して相手除去を遅らせ、少しずつダメージを与えていくといった戦法も取れる。

 能動的に活用する場合、特に有効なのは戦闘破壊アドバンテージを失わないリクルーターである。
 自爆特攻により《UFOタートル》から《仮面竜》へと繋ぐことで最大3500ものダメージを叩き出す。
 この他戦闘ではアドバンテージを失わず、《次元幽閉》《強制脱出装置》耐性のある《サイバー・フェニックス》とも相性が良い。
 《暗黒のマンティコア》《デーモン・イーター》を絡めた無限ループを発生させれば1ターンキルが可能になる。

  • 「バックファイア」とは日本語で「逆火」ともいわれる現象で、熱機関において、本来燃焼室のみで燃えるべき火がそのワンステップ前の吸気機関へ延焼することである。
    特に車のキャブレターから出火することを指すことが多く、当然ながら火災や爆発の原因になる。
  • 原作・アニメにおいて―
    イラストは原作における「DEATH-T編」でのワンシーンを元に再現したカードになっている。
    このシナリオは残虐性が高かったため、「DEATH-T編」を描いた東映版のアニメでも全面変更された。
    詳しくは《凶悪犯−チョップマン》の項を参照のこと。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において遊星のデッキに投入されているのが確認できる。
    寄せ集め故か、この時の遊星のデッキ炎属性モンスターは確認できず同然になってしまっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは最初のステージのオブライエンが使用。
    恐らく前述の《ヴォルカニック・アーマー》の代わりだと考えられる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果にはチェーンブロックが発生しますか?
A:チェーンブロックが発生する効果に分類されます。(08/03/26)

Q:《DNA移植手術》効果炎属性になっているモンスター破壊され墓地へ送られた時に発動しますか?
A:いいえ、墓地へ送られた時点で炎属性ではないので発動しません。
  フィールド上と墓地炎属性として扱われた状態で破壊されないと効果発動しません。(08/10/08)

Q:裏側表示で存在する炎属性モンスターカードの効果裏側表示のまま破壊され墓地へ送られた時に、このカード効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(13/02/10)  


Tag: 《バックファイア》 永続罠

広告