《バックリンカー》

効果モンスター
星3/闇属性/サイバース族/攻1600/守   0
(1):EXモンスターゾーンに相手モンスターのみが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
EXモンスターゾーンのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場する闇属性サイバース族下級モンスター
 エクストラモンスターゾーンモンスター相手モンスターのみの場合に自身を特殊召喚する効果、自身をリリースエクストラモンスターゾーンモンスターを全てデッキに戻す効果を持つ。

 (1)は、自身を手札から特殊召喚する効果
 そのまま即座に(2)の効果につながるほか、単純に各種素材として利用するのにも適している。

 (2)は、エクストラモンスターゾーンモンスターを全てバウンスする効果
 対象を取らないバウンスなのでほとんどの耐性を突破できる。
 ただ、自分エクストラデッキから特殊召喚できなくなるデメリットが付与されている。
 大抵の場合、1体しかバウンスできないため、アドバンテージ的には1:1交換以上は狙えない。
 自分メインフェイズにしか使えないのも難点で、相手モンスター効果を使用できてしまう。
 リンクモンスターを多用するデッキ相手の場合も、メインモンスターゾーンにもエクストラデッキからの展開が行われてしまうため、メタとしては不十分か。
 エクストラデッキからの特殊召喚メタとしては《強制脱出装置》カウンター罠の方が汎用性で勝る。

 (1)の効果をメインと考えてリンク素材等に使いつつ、状況によっては(2)の効果除去も行えるモンスターとして扱う方がよいだろう。
 【帝王】では(1)の効果特殊召喚後、リリースに使え、(2)の効果除去を行っても元々エクストラデッキを使わないデッキなのでデメリットも気になりにくい。

  • 名前の由来は「バックリンク(Backlink)」か。
    あるWebページが、別のページから「リンクされている」事を意味する。
    スパム関係など悪質なところからリンクされていると問題になることもあり、闇属性であるという事はそういったネガティブな部分がモチーフなのだろう。

収録パック等


Tag: 《バックリンカー》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 サイバース族 攻1600 守0

広告