《バフォメット/Berfomet》

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻1400/守1800
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「幻獣王ガゼル」1体を手札に加える。

 「遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記」攻略本上巻 付属カードで登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 召喚・反転召喚に成功した時、《幻獣王ガゼル》サーチする誘発効果を持つ。

 その効果《幻獣王ガゼル》サーチする事で、即座に《有翼幻獣キマイラ》融合素材が揃う。
 ただし《幻獣王ガゼル》自体は《レスキューラビット》《予想GUY》リクルートしやすく、むしろこのカードの方が手札加えにくい。
 《クリッター》《融合徴兵》《融合準備》サーチサルベージを駆使する必要がある。

 また自身がレベル5なので、基本的にアドバンス召喚が必要なのも難点。
 《二重召喚》《死皇帝の陵墓》などの定番の他、《悪魔の憑代》のようなサポートカードもあるものの、このカード専用に積む事故要因だろう。
 比較的軽めの運用が可能な《冥帝従騎エイドス》や、《帝王の烈旋》を使いディスアドバンテージを軽減したいところだが、どちらもデメリットからそのターン融合召喚できない流れがあり得る。
 融合先との属性種族的なシナジーも皆無であり、上級モンスターとしては低すぎるステータスからも使い勝手はお世辞にも良いとは言えない。

  • 「バフォメット(Baphomet)」とは、キリスト教における悪魔の一人で、山羊の頭をしていると言われる。
    ただし、聖書正典には登場せず、異端審問が苛烈になった時代に創作された悪魔である。
  • ウェイト版のタロットカードに描かれる悪魔はバフォメットがモチーフとされている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」で闇遊戯が使用するカードの1枚で、初戦の「闇遊戯vsレアハンター」戦から登場している。
    原作ではレベル4の通常モンスターであったためOCG版よりも召喚しやすく、単体でも運用されている。
  • 乃亜編の「城之内vsビッグ3(大岡)」戦にて大岡の使用した永続魔法《魔界の司法取引》のイラストに描かれている。
  • アニメARC-V第8話において、赤馬日美香のコース紹介の場面でシルエットが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは効果を持たず、オリジナルのテキストが存在する。
    「その大きな翼はどんな風でもはねかえすことができるらしい」と書かれている。
    なお初登場のDM3ではステータス合計の高さが災いしレベル5の上級モンスターにされ、その結果OCGでもレベル5となってしまった。
  • フォルスバウンドキングダムでは、「プレーン・ダッシュ」という攻撃名がつけられている。

関連カード

融合関連

カード名関連

―《バフォメット》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《バフォメット》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 悪魔族 攻1400 守1800

広告