《バベル・タワー/Tower of Babel》

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
このカードに4つ目の魔力カウンターが乗った時に
このカードを破壊し、その時に魔法カードを発動した
プレイヤーは3000ポイントダメージを受ける。

 混沌を制す者で登場した永続罠
 魔法カード発動トリガーとして魔力カウンターが乗り、最後は効果ダメージを発生させる。

 このカード魔力カウンターが3個乗れば、ダメージを恐れて相手魔法カード発動しづらくなるが、それは自分も同じ事である。
 そこで、速攻魔法を用いて上手く魔力カウンターの量を調整してやると良い。
 魔力カウンターが2個乗った状態で相手魔法カード発動したら、それに速攻魔法チェーンする事で、相手ダメージを与えられる。
 また、魔力カウンターを取り除ける《マジックテンペスター》《アーカナイト・マジシャン》などを併用して魔力カウンターを減らし、自分だけ自由に魔法カード発動するというのも考えられる。

 このように計画的に使えば大ダメージを見込めるカードではあるが、手間と確実性が見合っているとは言い難い。
 上記の速攻魔法でのコンボ相手にも同じ事ができ、そうされると戦術が台無しになる上に致命傷まで受けてしまう。
 このカード効果ダメージを活かせるバーンデッキ魔法カードが中心になりやすいため魔力カウンターは乗せやすいが、このカードのためにそれらの連発ができなくなり速攻性が失われる。
 魔力カウンターを扱うデッキでは効果ダメージを必要とする事が少なく、やはり魔法カード発動しづらくなり結果こちらの手を狭める事になる。

  • モデルは、旧約聖書に登場する「バベルの塔」の逸話だろう。
    人間が「天に届くほどの塔を作ろう」としたため、それに怒った神が塔の建設に従事する人間達に違う言葉を話させるようにした。
    それまで人々は皆同じ言語を話していたが、これにより同じ言語を話す集団ごとに分かれることになった。
    一説には、完成間近で高さ90m程の塔だったと言われている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:魔法カード発動以外で4個目の魔力カウンターを乗せた場合、どうなりますか?
A:《バベル・タワー》を破壊しますが、どちらのプレイヤーにもダメージは発生しません。(07/11/08)

Q:魔力カウンターが3個乗ってる《バベル・タワー》が存在する時に《大寒波》発動した場合、どうなりますか?
A:4個目が乗り、自壊はしません。(09/06/06)

Q:《宮廷のしきたり》が存在する時《バベル・タワー》に4個目の魔力カウンターが乗った場合、どうなりますか?
A:その場合、《バベル・タワー》の「このカードに4つ目の魔力カウンターが乗った時にこのカード破壊し、その時に魔法カード発動したプレイヤーは3000ポイントダメージを受ける」効果適用されません。
  なお、破壊されなかった《バベル・タワー》は残り続け、魔力カウンターが置かれます。(14/04/14)

Q:魔法カード発動チェーンしてこのカード発動した場合、1つ目の魔力カウンターは乗りますか?
A:乗りません。(13/03/22)

Q:このカード発動チェーンして魔法カード発動した場合、魔力カウンターは乗りますか?
A:乗りません。(13/03/22)


Tag: 《バベル・タワー》 永続罠

広告