《バラエティ・アウト/Variety Comes Out》

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
シンクロモンスター1体をエクストラデッキに戻して発動する。
レベルの合計がそのシンクロモンスターのレベルと同じになるように、
自分の墓地に存在するチューナーを選択して自分フィールド上に特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分はシンクロ召喚をする事ができない。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した通常魔法
 シンクロモンスターコストとしてエクストラデッキに戻す代わりにチューナーを大量展開する事ができる。
 ただ、発動するターン中はシンクロ召喚ができないためシンクロモンスターを1ターン維持するか蘇生するなどしてからでなければ発動できない。
 また蘇生するのはチューナーのみなので、再度シンクロ召喚を狙うのが難しくなるが、リンク召喚には使え、レベルが合えばエクシーズ召喚もできる。

 墓地に低レベルチューナーが複数存在すれば3体以上を蘇生させることも可能。
 《D−HERO Bloo−D》《神獣王バルバロス》リリースに使用できる。
 逆に戻したモンスターレベルの等しいチューナー1体でもよい。
 《獄落鳥》などを主軸とする場合、これらとの交替も可能である。

 特殊召喚されるモンスターそのものには効果無効化や攻撃に関しての制限もない。
 攻撃を妨害される心配がないのなら、《BF−疾風のゲイル》《X−セイバー エアベルン》等、戦闘向きの効果を持つチューナーを複数蘇生して攻めるのも良いだろう。
 また、ターン終了時に自壊することがないので、次のターンからはシンクロ召喚を狙える。
 チューナーステータスの低いモンスターも多いので、その場合は《スチーム・シンクロン》を含めておくと良いだろう。
   また、《精神操作》等でコントロール奪取したシンクロモンスターコストにすることも可能。
 墓地に豊富なチューナーさえあれば、相手シンクロモンスター除去にも使えることは覚えておきたい。
 《ロスト・スター・ディセント》《リビングデッドの呼び声》蘇生されたモンスターに使うことでもコストを軽減できる。

 【チューナー】との相性は良好であるが、このデッキ《イージーチューニング》墓地チューナー除外することが多い為、蘇生できるカードを確保できるようにしておきたい。
 このカードを効果的に使うには墓地に必要なチューナーが存在していなければならず、レベルの合計も同じでなければならないので、採用する場合デッキから墓地モンスターを送れる手段があるとなお良い。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:エクストラデッキに戻した時点でのレベルを参照しますか?
A:いいえ、フィールド上に存在していた時点でのレベルを参照にします。(09/12/01)

Q:チューナーを選択するのはいつですか?
A:このカードの発動時になります。(09/11/26)

Q:墓地チューナー対象を取りますか?
A:はい、対象を取ります。(09/11/26)

Q:特殊召喚できないチューナーを選択した場合、処理はどうしますか?
A:発動時に特殊召喚できないチューナーを選択することはできません。(09/12/01)

Q:選択したチューナー《ロスト》などで墓地を離れた場合、処理はどうしますか?
A:複数のチューナーが選択されている場合なら、残りの選択したチューナー特殊召喚される形になります。(12/10/24)

Q:フィールド上のモンスターカードゾーンが埋まっていて、《アームズ・エイド》を選択して発動しました。
  墓地チューナー《ニトロ・シンクロン》2体と《ハイパー・シンクロン》が存在しています。
  《ニトロ・シンクロン》2体を選択した場合処理はどうなりますか?
A:この場合、《ニトロ・シンクロン》2体を選択する事自体ができません。(12/10/24)

Q:複数体のチューナー対象発動したところ、チェーン《おジャマトリオ》モンスターカードゾーンの空きが足らなくなりました。
  どのように処理しますか?
A:モンスターカードゾーンに空きがなく、エクストラデッキに戻したシンクロモンスターのレベルと同じになる様にチューナー特殊召喚できない場合、1体も特殊召喚できません。(14/04/24)

Q:《エキセントリック・ボーイ》シンクロ召喚されたモンスターエクストラデッキに戻せませんが、それをコストにできますか?
A:その場合エクストラデッキに戻らず除外されますので、そのシンクロモンスターコスト発動すること自体できません。(09/12/01)


Tag: 《バラエティ・アウト》 魔法 通常魔法

広告