《パーシアスの神域(しんいき)

永続魔法
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「天空の聖域」として扱う。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの天使族モンスターの攻撃力・守備力は300アップし、
フィールドにセットされた魔法・罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分の墓地の天使族モンスター及びカウンター罠カードの中から、
合計3枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードを好きな順番でデッキの上に戻す。

 ストラクチャーデッキR−神光の波動−で登場した永続魔法
 カード名を特定の条件で《天空の聖域》として扱う効果天使族全体強化セットされた魔法・罠カード耐性を与える効果天使族及びカウンター罠3枚をデッキトップ戻す効果を持つ。

 (1)の効果は、フィールド墓地《天空の聖域》として扱う効果
 カード名《天空の聖域》扱いになる利点については《天空の聖域》のページを参照。
 ただし、デッキの中では元々のカード名のままなので、《天空の使者 ゼラディアス》サポートは受けられない。
 このカードを容易にサーチできる手段は《天空聖騎士アークパーシアス》程度であり、サーチにおいてはフィールド魔法である《天空の聖域》に分がある。

 (2)の効果は、天使族攻撃力守備力を300アップし、セットされた魔法・罠カード耐性を与える効果
 セットされた魔法・罠カード耐性を得られる恩恵は大きく、伏せ除去を警戒する必要がなくなるためカウンター罠攻撃反応型罠カードが通しやすくなる。
 しかし、この効果相手にも同じ耐性を与えてしまうことには注意。
 このカード自体には耐性は付与されないのでカウンター罠で守っていくことになるだろう。

 (3)の効果は、天使族及びカウンター罠3枚を対象デッキトップ戻す効果
 天使族デッキトップを操作するメリットが存在するカード《光神テテュス》《マアト》《光天使スローネ》などが存在する。
 カウンター罠発動できるならば、《豊穣のアルテミス》で戻したカード手札加える事ができる。
 増えすぎた墓地天使族デッキに戻すことで《大天使クリスティア》特殊召喚条件を補助することもできる。
 替わりに墓地リソースを失うので、《天空聖騎士アークパーシアス》等との兼ね合いには注意が必要。

 いずれの効果【エンジェル・パーミッション】の戦術にマッチした効果だといえる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカード発動チェーンして相手が《サイクロン》を発動した時、このカード《天空の聖域》として扱い《神罰》発動できますか?
A:まだ(1)の効果は適用されていない扱いとなるため、できません。(17/09/23)


Tag: 《パーシアスの神域》 魔法 永続魔法 パーシアス

広告