《パラドックス・フュージョン/Paradox Fusion》

カウンター罠
(1):自分フィールドの表側表示の融合モンスター1体を除外して以下の効果を発動できる。
発動後2回目の自分エンドフェイズに、除外したそのモンスターは表側攻撃表示で自分フィールドに戻る。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

 DUELIST REVOLUTIONで登場したカウンター罠
 自分融合モンスター一定期間だけ除外する事で、魔法・罠カード発動条件による特殊召喚どれかを無効にし破壊する効果を持つ。

 タイムラグがあるものの、除外された融合モンスターは戻ってくるので、実質ノーコスト無効化できる。
 融合召喚にはディスアドバンテージが付き物であり、除去されると痛手になりやすい融合モンスターを守る手段としては優秀である。
 方法も特殊召喚ではなく「戻す効果であり、帰還が不可能な融合モンスターでも問題なくフィールドに戻ることができる。
 特に《E・HERO アブソルートZero》とは相性が良く、相手カード無効化しつつ、相手モンスターを一掃することができる。
 また、《剣闘獣ガイザレス》除外後、《闇次元の解放》帰還させることで再び破壊効果を使用することも可能である。
 エクストラモンスターゾーン融合モンスターメインモンスターゾーンに移動させることも可能。

 しかし、除外した融合モンスターが戻ってくるタイミングはかなり遅く、戻ってくる頃にはその融合モンスターが不要になっていたり、既に決着がついていたりすることも多い。
 単に除去から融合モンスターを守りたいだけなら《亜空間物質転送装置》でも良く、こちらの方が戻るのが早い分扱いやすい。
 また、融合モンスターを必要とすることから手札事故の要因になりやすく、このカード無効にされた場合、除外した融合モンスターが戻らないことも難点となっている。

  • 「パラドックス(Paradox)」とは、「正しそうに見える考え方から到底受け入れがたい結論が導かれる事」のこと。
    つまり、「一見正しいようだが間違っていること」、あるいは「一見間違っているようだが正しいこと」になる。
  • 『超融合!〜時空を越えた絆〜』でパラドックスと名乗る男が登場し、歴代の主人公たちと対決した。
    《Sin トゥルース・ドラゴン》召喚時に、「一見正しいように見えた今の攻撃。だがそれは大いなる間違い。」と発言しており、この言葉を意識したセリフになっている。
  • また、迷宮兄弟は英語圏では「パラ」と「ドックス」という名前に変更されている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《神の宣告》《王宮のお触れ》等でこのカード発動または効果無効にされた場合、コスト除外した融合モンスター発動後2回目の自分エンドフェイズ時にフィールド上に戻りますか?
A:いいえ、戻りません。(11/04/09)

Q:フィールド上に戻す処理はチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(10/08/08)

Q:既に表側表示で存在する魔法・罠カード《歯車街》特殊召喚する効果の発動無効にできますか?
A:いいえ、魔法・罠カード効果の発動に対して発動する事はできません。(10/04/23)


Tag: 《パラドックス・フュージョン》 カウンター罠

広告