《ヒーロー・ブラスト/Hero Blast》

通常罠
自分の墓地の「E・HERO」と名のついた通常モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを手札に加え、
その手札に加えたモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ
相手フィールド上のモンスター1体を選んで破壊する。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した通常罠
 墓地E・HERO手札に戻し、相手モンスター破壊する効果を持つ。

 E・HERO通常モンスターを再利用するカードとしては《O−オーバーソウル》も存在しており、こちらは直接蘇生できない点で劣っている。
 しかし、モンスター破壊を主眼として考えればこのカードは優秀。
 フリーチェーン除去カードでありながら1:1交換どころか0:1交換が成立し、ただ使うだけでも1枚のアドバンテージを得ることが可能。
 相手《サイクロン》などで破壊されそうになった際にチェーンすれば、実に2枚分のアドバンテージが成立する。

 破壊対象の制限から高い攻撃力を持った上級モンスターにこそ対処できないものの、フリーチェーンの強みを活かした妨害行為には大きな力を発揮する。
 特に《E・HERO アナザー・ネオス》下級アタッカーなのでサルベージしてきても事故要因にならず、高い攻撃力から大多数の下級モンスター破壊できる。
 対応モンスターの中で最も攻撃力の高い《E・HERO ネオス》を回収すれば、切り札となりうるような大型モンスター以外は破壊できる。
 チューナーや複数の同レベルモンスターなどシンクロ召喚エクシーズ召喚の素振りが見えた際に発動すれば、相手の計算を大きく狂わすことができるだろう。
 この2枚以外のE・HERO通常モンスター攻撃力がかなり落ちてしまうので、融合主軸の【E・HERO】にはやや投入しがたい。
 とは言え破壊対象が若干狭くなっても有用であることには違いなく、《E・HERO スパークマン》を多めに採用しているなら投入を考えることはできる。

 強力な効果を持つ一方で、《O−オーバーソウル》《ミラクル・フュージョン》等の墓地を利用するカードとは併用しづらい。
 もちろん、このカード自身も墓地を利用するカードに該当するため、複数枚採用する場合はE・HERO墓地に貯めやすいデッキを構築したい。
 また、相手モンスターが存在しなくても、E・HEROサルベージのみを行うことも可能である。
 相手モンスターがいない状態で、《サイクロン》等で破壊されそうになった場合、チェーン発動すればモンスターの回収だけはできる。

 墓地E・HEROを置く方法としては、E・HERO融合素材とする、《サンダー・ブレイク》等の手札コストとして墓地へ送る等、様々な手段がある。
 中でも《E・HERO プリズマー》等はデッキからピンポイントで墓地へ送ることができるため、相性は非常に良い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動時に対象を選択しますか?
A:自分墓地に存在する「E・HERO」と名のついた通常モンスター1枚を対象に選択します。
  モンスター破壊効果対象をとらない効果です。(08/02/24)

Q:相手フィールド上に自分墓地に存在する「E・HERO」と名のついた通常モンスターより攻撃力の低い表側表示モンスターが存在しない場合、このカード発動する事は可能ですか?
A:はい。発動する事が可能です。
  その場合、対象に選択した「E・HERO」と名のついた通常モンスター1枚を自分手札加えるだけです。(10/01/22)

Q:このカードの効果モンスター1体を選択し手札に加えて、そのモンスター攻撃力以下の相手フィールド表側表示モンスターが存在するのに破壊しないことはできますか?
A:いいえ、そのモンスター攻撃力以下の相手フィールド表側表示モンスター効果解決時に存在するのならば1体を選択して破壊しなければいけません。(08/09/01)

Q:このカードの発動に対して《我が身を盾に》《スターダスト・ドラゴン》などを発動できますか?
A:対象にしたモンスター攻撃力以下モンスター相手フィールド上に存在する場合であればできます。(13/02/18)

Q:墓地から手札に加えるのはコストですか?
A:効果です。(10/03/15)

Q:効果解決時対象に選択した「E・HERO」と名のついた通常モンスター墓地に存在しなくなった場合、相手モンスター破壊できますか?
A:できません。(10/01/16)

Q:手札加える効果破壊する効果は同時処理ですか?
A:手札に加えた後モンスター破壊します。(13/03/27)

広告