《ヒーローズルール2/Hero's Rule 2》

カウンター罠
墓地のカードを対象とする効果モンスターの効果・魔法・罠カードの
発動を無効にし破壊する。

 デュエリストパック−十代編3−で登場したカウンター罠

 《死者蘇生》《リビングデッドの呼び声》等の蘇生カードや、《死者転生》《貪欲な壺》等のサルベージカードカウンター対象になる。
 また、墓地利用を主とするデッキにおいては天敵である《D.D.クロウ》《霊滅術師 カイクウ》《魂の解放》《転生の予言》等のメタになる。

 相手墓地利用のメタとして採用するだけでも汎用性は高いが、その場合《D.D.クロウ》《屋敷わらし》が厳しい競合相手となる。
 前者と違いこちらは能動的に相手墓地利用に干渉できず、「対象をとる効果」でなければならない性質上カウンター対象はやや制限される。
 《カオス・ネクロマンサー》のような、墓地モンスターを参照するだけの永続効果を対策することは不可能。
 更に、《ヘルウェイ・パトロール》などの自身を除外コストにする効果《スターダスト・ドラゴン》などの自己再生といった、墓地発動効果にも対処できない。
 手札誘発効果モンスターという大きな利点を持つ《D.D.クロウ》《屋敷わらし》と比べこちらはただのカウンター罠なので、事故伏せ除去の懸念に晒されサーチサルベージも難しい。

 《D.D.クロウ》と違い自分墓地に干渉して妨害を行うカードにもカウンターできる事が差別化できる点であったが、その利点も《屋敷わらし》の登場で怪しくなった。
 《死者蘇生》に対する完全なメタにもなる点は、《屋敷わらし》にも言える事である。

 カウンター罠である事を武器にして、【パーミッション】などのデッキで採用する手もある。
 また、モンスター効果に対して発動できた場合は、効果発動したモンスター破壊するので、ゲームの流れを変える力は《D.D.クロウ》《屋敷わらし》以上である。
 《デブリ・ドラゴン》など、墓地からの釣り上げを利用してシンクロ召喚エクシーズ召喚を行うためのモンスターにはよく刺さる

 総じて、カウンター罠の性質上、リリースや各種素材に使えないことが枷にはなるが、その分相手の展開妨害・除去には長けていると言えよう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヒーローズルール2》 カウンター罠

広告