《ヒエログリフの石版(せきばん)/Hieroglyph Lithograph》

通常魔法
1000ライフを払う。
そのデュエル中、自分の手札制限枚数が7枚になる。

 新たなる支配者で登場した通常魔法
 ルール介入型のカードであり、手札枚数の上限を増やす残存効果を持つ。

 通常魔法であり破壊されない点で《無限の手札》よりは優れるが、上限は1枚分しか拡張されず、それだけのためにカードライフコストを要するのも痛い。
 そもそも、エンドフェイズ手札調整を行うこと自体が稀であり、ドローソースを複数持つデッキであっても手札制限を増やす必要性は薄い。

  • 「ヒエログリフ(hHieroglyph)」とは、古代エジプトの象形文字のこと。
    「聖なる刻字」という意味であり、聖刻文字・神聖文字とも言われる。
    19世紀にエジプトで発見されたロゼッタ・ストーンの碑文にはこのヒエログラフが用いられており、フランスの研究者シャンポリオンが解読した。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vs墓守の長」戦において、墓守の長手札に確認できる。
    【墓守】と相性が良いわけでもなく、元ネタの関連で投入されたのだろうか。

関連カード

―類似効果

収録パック等

FAQ

Q:《無限の手札》が存在する時にこのカード発動した場合、自分手札制限枚数は7枚になりますか?
A:いいえ、その場合でも手札制限枚数は無いままになります。(11/06/05)


Tag: 《ヒエログリフの石版》 魔法 通常魔法

広告