《ヒステリック・サイン/Hysteric Sign》

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
自分のデッキ・墓地から「万華鏡−華麗なる分身−」1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードが手札・フィールドから墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動する。
デッキから「ハーピィ」カードを3枚まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した永続魔法
 《万華鏡−華麗なる分身−》手札に加える効果手札フィールドから墓地へ送られたターンエンドフェイズカード名が異なるハーピィカード3枚をサーチする効果を持つ。

 (1)は、カードの発動時に《万華鏡−華麗なる分身−》手札に加える効果
 発動に成功すれば1:1交換が成立するため使い勝手が良い。
 墓地からも加えられるため、除外されない限り《万華鏡−華麗なる分身−》1枚を使いまわせる。
 【ハーピィ】ではこのカード3枚+《万華鏡−華麗なる分身−》1枚の採用が一般的である。

 (2)は、ハーピィカード3枚をサーチする効果
 タイミングがエンドフェイズと遅い事が難点ではあるが、かなり緩い条件で3枚ものハンド・アドバンテージを稼ぐことができる。
 《ハーピィの羽根吹雪》相手ターンでも手札から発動できるので、エンドフェイズという遅さも気になりにくい。
 《ハーピィの狩場》《ハーピィ・レディ》サーチして破壊効果に繋げたり、《ハーピィ・チャネラー》とその手札コストを同時にサーチしたりもできる。
 (1)の効果も併せると1枚で最大4枚のアドバンテージを生むことができるので、【ハーピィ】必須カードといえる。

 フィールドに存在する時には何の効果もないカードなので、カードの発動後は《ハーピィの狩場》《ハーピィ・コンダクター》で自ら破壊するのが基本となる。
 ただし、(1)の効果発動したターン中は(2)の効果発動できないので、発動後1ターン待ってから破壊する必要がある。
 (1)の効果が不要であれば、セットしてからすぐに破壊し、(2)の効果だけを使用してもよい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分デッキ墓地に「《万華鏡−華麗なる分身−》」が存在しない場合、このカード発動する事ができますか?
A:いいえ、発動できません。(13/02/20)

(2)の効果について

Q:このカードの発動《神の宣告》無効にされ墓地へ送られた場合、(2)の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/02/20)

Q:このカード墓地へ送られ、そのエンドフェイズ時にこのカード墓地に存在しない場合、(2)の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(13/02/22)

Q:エンドフェイズ手札調整でこのカード墓地へ捨てた場合、(2)の効果の発動を行えますか?
A:行えません。(17/03/05)

Q:エンドフェイズ手札調整で《魔轟神獣キャシー》墓地へ捨て《魔轟神獣キャシー》効果表側表示で存在する《ヒステリック・サイン》を破壊した場合、(2)の効果の発動を行えますか?
A:行えません。(17/03/05)

「このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない」効果外テキストについて

Q:このカードの「カードの発動」時にチェーンされ《サイクロン》等で破壊された場合、それぞれの効果はどうなりますか?
A:この場合、《万華鏡−華麗なる分身−》手札に加える処理は適用されません。また、発動自体はしているため同一ターンエンドフェイズ効果発動しません。(13/02/16)


Tag: 《ヒステリック・サイン》 魔法 永続魔法

広告