《ヒヤリ(アット)イグニスター》

効果モンスター
星1/水属性/サイバース族/攻 300/守 400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「@イグニスター」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからレベル5以上の「@イグニスター」モンスター1体を手札に加え、
このカードのレベルをターン終了時まで4にする。
この効果を発動するためにリンクモンスターをリリースした場合、
さらにデッキから「Aiの儀式」1枚を手札に加える事ができる。

 IGNITION ASSAULTで登場した水属性サイバース族下級モンスター
 自分フィールド@イグニスターが存在する場合に手札から特殊召喚できる起動効果サイバース族リリースしてレベル5以上の@イグニスターサーチし、特定条件下では更に《Aiの儀式》サーチ及び自身のレベル変更が可能な起動効果を持つ。

 (1)は自分フィールド@イグニスターの存在を条件とした手札からの特殊召喚効果
 @イグニスターを複数採用したデッキでは条件は非常に緩く、エクストラデッキ@イグニスターならば汎用モンスターからも出せる。
 このモンスター《ドシン@イグニスター》はどちらも同じ効果を持つレベル1なので、《ワンチャン!?》サーチして特殊召喚する事も考えられる。

 (2)は2種のサーチ効果レベル変更効果
 現状でサーチ可能なモンスター《ウォーターリヴァイアサン@イグニスター》のみなので、実質あちらの儀式召喚の専用サポート効果である。
 基本的にリンクモンスターコストにして2枚のカードサーチすることになる。
 サイバース族ならリンク1の《リンク・ディサイプル》《リングリボー》リンク召喚しやすいため、それをリリースに使うといい。

 @イグニスターの中でもこのカードサーチサルベージできる《アチチ@イグニスター》《ドヨン@イグニスター》とはシナジーが強い。
 特殊召喚後にそれらをリンク1にすれば(2)のリリースコストも用意できる。
 特に《ドヨン@イグニスター》レベル4なので、《Aiの儀式》によりレベル4となったこのカードリリース墓地《ドヨン@イグニスター》除外すれば《ウォーターリヴァイアサン@イグニスター》儀式召喚できる。

  • 「ヒヤリ」とは、「急に冷たく感じること」や「恐怖などを感じて緊張すること」を示す擬態語である。
  • 召喚時には、「ヒヤ〜…」という鳴き声(?)を発している。
  • パンドール曰く、このモンスターは水のイグニス・アクアへの想いが込められたカードとのこと。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヒヤリ@イグニスター》 効果モンスター モンスター 星1 水属性 サイバース族 攻300 守400 @イグニスター

広告