《ビークロイド・コネクション・ゾーン/Vehicroid Connection Zone》

通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
「ビークロイド」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果では破壊されず、そのモンスターの効果は無効化されない。

 POWER OF THE DUELISTで登場した通常魔法
 ビークロイド専用の融合召喚カードであり、融合召喚したモンスター破壊効果無効耐性を付加する効果を持つ。

 【ビークロイド】キーカードとなる融合モンスター融合召喚でき、耐性も付加される。
 対応する融合モンスターは3体以上の融合素材もしくは融合モンスターを必要とするため、《エクスプレスロイド》などのサポートがなければ融合素材を揃えるのが難しい。
 この欠点を、デッキ墓地手札の全てから融合素材を調達できる《チェーン・マテリアル》とのコンボで解消できるのがこのカードの強みである。
 《チェーン・マテリアル》による自壊デメリットはこのカードが打ち消すので、非常に相性が良い。
 攻撃制限のデメリットは残るが、《スーパービークロイド−ステルス・ユニオン》であれば除去効果はそのターン中に使用できる。

 ただし、対応する融合モンスターロイドの中でも「ビークロイド」に属するものだけであり、数も3体しか存在しない。
 《ペアサイクロイド》などが融合召喚できない分汎用性に乏しく、必ずしも通常の《融合》を差し置いて採用できるわけではない。
 融合素材調達の軽減にも《サイバネティック・フュージョン・サポート》など他の手段があるため、どちらを取るかは熟慮すべきである。

 破壊耐性は永続的に得られるが、当然ながらコントロール奪取バウンス除外吸収《月の書》のような裏側表示化には耐性がない。
 とはいえ、攻撃力3000以上の融合モンスターカードの種類を問わない効果破壊耐性を付与できるのはありがたい。
 維持する手間はかかるが、《サイバー・フェニックス》と並べれば多くの除去を対策することができる。

 効果無効耐性も付加でき、使用頻度の高い《エフェクト・ヴェーラー》《禁じられた聖杯》《スキルドレイン》を防げる。
 ただし、《スーパービークロイド−ジャンボドリル》に関しては貫通効果しか持っておらず、そもそも効果無効化されてそれほど被害を受けるモンスターではない。
 除去効果持ちの《スーパービークロイド−ステルス・ユニオン》であればそれなりの意味を持ってくる。
 《スーパービークロイド−モビルベース》の場合は、メインモンスターゾーンへの移動を封じられエクストラモンスターゾーンを空けられないといった事態を回避できる。

関連カード

イラスト関連

―このカード融合召喚できるモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード特殊召喚したモンスター《月の書》などを使用して裏側表示にした場合「魔法・罠・効果モンスター効果によっては破壊されず、効果無効化されない」という効果適用されますか?
A:いいえ、リセットされます。

Q:このカード特殊召喚したモンスター《ポールポジション》適用されている場合「魔法効果モンスター効果によっては破壊されず、効果無効化されない」という効果適用されますか?
A:はい、適用されます。

Q:《光の追放者》がいる状態で、このカードを使いモンスター特殊召喚できますか?
A:はい、できます。

Q:このカードの効果融合素材代用モンスターを使うことができますか?
A:はい、できます。
  ただし、融合素材代用モンスターを使用できないと記されている融合モンスターには使用できません。

Q:このカードの効果融合召喚されたモンスター効果発動《神の通告》無効にする事はできますか?
A:《神の通告》によって効果無効にならず、破壊もされません。(17/06/19)


Tag: 《ビークロイド・コネクション・ゾーン》 魔法 通常魔法 ロイド

広告