《ビッグ・シールド・ガードナー/Big Shield Gardna》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 100/守2600
(1):裏側表示のこのモンスター1体のみを対象とする魔法カードが発動した時に発動する。
このカードを表側守備表示にし、その発動を無効にする。
(2):このカードは攻撃された場合、ダメージステップ終了時に攻撃表示になる。

 遊戯王デュエルモンスターズ5 エキスパート1 付属カードで登場した地属性戦士族下級モンスター
 自身を対象とした魔法カード発動無効にする誘発即時効果と、攻撃されたダメージステップ終了時に攻撃表示になる永続効果を持つ。

 (1)の効果は、対象をとる魔法カードへの耐性だが、裏側表示である時に限られる。
 モンスターとして《精神操作》《抹殺の使徒》に強いのは魅力だが、モンスター効果による除去手段が多い現環境ではあまり安心できない。
 とはいえ、守備力の高いモンスターも珍しくなったので、《スノーマンイーター》などに見せかけたブラフにできる場面もある。
 貫通ダメージを狙いに来た《迅雷の騎士ガイアドラグーン》にも耐えられる。

 (2)の効果攻撃されると攻撃表示になるデメリット
 攻撃力は100しかないため、相手に2体以上のモンスターを展開されれば容易に突破されてしまい、単体では役としては不安定である。

 デメリットを逆手にとり、反射ダメージ覚悟で1体目で攻撃してきた所で《D2シールド》《追い剥ぎゴブリン》等を狙うのも手。
 攻撃表示になった後、《ディメンション・ウォール》《反転世界》にはめるのも面白い。
 ただし、《アマゾネスの剣士》などは天敵で、こうした戦術は一切通用しない上にこちらが手痛い反射ダメージを負わされてしまう。

 守備表示で居続けられる《レベル制限B地区》とのコンボも考えられる。
 さらに相手攻撃を阻害する《暗黒の扉》や自身のデメリットを打ち消す《スキルドレイン》とのコンボも安定性が増す。
 ただし前者であれば元々破壊されない《マッシブ・ウォリアー》、後者であればさらに守備力の高い《D−HERO ディフェンドガイ》の方が相性は良い。

  • 遊戯王のカード名には、このカードをはじめ「ガードナー」という言葉がよく登場するが、これは英語には存在しない造語である。
    (なお、「ガードする者」という意味の英単語には「Guarder(ガーダー)」がある。)
  • アニメGXの「十代vs大原&小原」戦において、小原にプレイングの指示を仰ぐ大原が、《五分ゴブリン》の召喚コストとして手札から捨てている。
    第1話の三沢の対戦相手や、ジェネックス開催の時のティラノ剣山の相手、さらに大山も使用している。
  • アニメ5D'sの「遊星&クロウvsセキュリティ隊員」戦においてセキュリティが使用した永続罠《ディフェンダーズ・マインド》のイラストに描かれている。
  • ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の「遊矢vs権現坂」戦において遊矢が使用したアクションマジック《ガードチェンジ》のイラストに描かれている。

関連カード

―《ビッグ・シールド・ガードナー》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:魔法カード発動無効にする効果誘発即時効果攻撃された場合に攻撃表示になる効果永続効果です。(15/01/11)

Q:1つ目の誘発即時効果はどのように処理を行いますか?
A:魔法カード発動チェーンして、裏側表示のこのカードをめくってモンスター効果の発動宣言します。
  効果解決時に、このカード表側守備表示にし、魔法カード発動無効にします。
  このカード表側表示になるのは効果解決時であり、効果発動時裏側表示のままという扱いです。(15/01/11)

Q:1つ目の誘発即時効果発動チェーンして《ブレイクスルー・スキル》発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/01/11)

Q:《スキルドレイン》適用下において1つ目の誘発即時効果発動した場合、その効果無効になりますか?
A:いいえ、無効になりません。(15/01/11)

Q:《ブレイズ・キャノン》の「効果の発動」の対象となった際無効化できますか?
A:いいえ、「効果の発動」に無効効果発動する事はできません。(13/08/29)


Tag: 《ビッグ・シールド・ガードナー》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻100 守2600

広告