《ビットロン》

通常モンスター
星2/地属性/サイバース族/攻 200/守2000
電子空間で見つけた新種。
その情報量は少ない。

 STARTER DECK(2017)で登場した地属性サイバース族下級モンスター

 通常モンスターなので《予想GUY》《レスキューラビット》等のサポートに対応する。
 前者なら《リンク・スパイダー》、後者なら《ハニーボット》《ミセス・レディエント》リンク召喚でき、リンクマーカーの応用がきく。
 サイバース族のサポートを共有できる《ドラコネット》によるリクルート対象としても適している。

  • カード名の由来は「ビット」+「トロン」か。
    どちらもコンピュータ黎明期の、扱える情報量が少なかった時代から用いられている単語である。
  • ビット(Bit)とは情報量の基本単位で、コンピュータが扱える最小の情報量である。
    1ビットは2進数の1ケタ分の情報量であり、「0」または「1」のどちらかの情報を表すことができる。
  • ビットがいくつか(現在はふつう8つ)集まると「バイト(Byte)」となる。
    OCGには《バイトロン》も存在しているが、あちらはBiteであり関連性はない。
  • コンピュータ系用語の「トロン」には幾つかの意味がある。
    電脳世界を描いた最初期の映画作品として知られる1982年の映画「トロン」、そのタイトルの由来の1つと言われるBASIC言語の命令文の1つ「TRON」、国産プログラム・アーキテクチャ「TRON」等がある。
    いずれも1980年代には誕生していた単語である。

収録パック等


Tag: 《ビットロン》 モンスター 通常モンスター 星2 地属性 サイバース族 攻200 守2000

広告