《ビビット騎士(ナイト)/Vivid Knight》

効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1700/守 800
自分フィールド上の獣戦士族・光属性モンスター1体が、
相手のカードの効果の対象になった時、 
または相手モンスターの攻撃対象になった時に発動できる。 
対象となった自分のモンスターを
次の自分のスタンバイフェイズ時までゲームから除外し、
このカードを手札から特殊召喚する。

 スペシャルカードプレゼントキャンペーンで登場した光属性獣戦士族下級モンスター
 自分獣戦士族光属性モンスター相手攻撃対象効果対象になった時に、そのモンスター除外して自身を特殊召喚する誘発即時効果を持つ。

 効果対象になったモンスター除外すれば、その効果不発にできる。
 攻撃対象になった時にこの効果発動した場合は戦闘巻き戻しが発生するが、除外したモンスター自体は守っているので大きな問題にはならない。
 フィールド戻すのが次の自分スタンバイフェイズと遅いが、逆に言えばそのターン除去される心配が無いので、モンスターを守るカードの中ではかなり優秀である。
 除外するモンスターレベルが4であれば、次のターンエクシーズ召喚も狙える。
 自身も光属性獣戦士族なので、複数枚採用した場合に腐りにくいのも利点。

 このカードで守るモンスターで相性が良いのは、やはり《武神−ヤマト》だろう。
 【武神】《武神−ヤマト》を立たせるのが主な動きであり、発動後にターン中のあらゆる除去を回避できるこのカードは非常に心強い。
 また、《武神−ヤマト》と共々《炎舞−「天キ」》に対応するので、サーチして牽制しやすいのも大きい。
 ただし、自分スタンバイフェイズまで除外される関係上、自分ターン除外すると《武神−ヤマト》サーチ効果がそのターン使えなくなる。
 また、エクシーズモンスターだとエクシーズ素材が取り除かれるために相性が悪く、これらの点を留意した上で使用したい。

  • 「ビビッド(Vivid)」とは、「鮮やか、鮮明」という意味を持つ英単語である。
    カード名が「ビビッ」なのは、イラストの騎士が兎の様な耳や顔をしていることから、「ラビット」と「ビビッド」を掛けているのだと思われる。
    余談だが、同じく一時的な除外効果を持つ《ゼンマイラビット》も兎型モンスターであり、どちらも「脱兎」のイメージから来た効果と推察される。
    英語名ではそのまま「Vivid」となっている。

関連カード

獣戦士族光属性モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果の種別は何ですか?
A:誘発即時効果です。(13/03/16)

Q:除外特殊召喚は同時扱いですか?
A:はい、同時扱いです。(13/04/08)

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/03/16)

Q:除外したモンスターフィールド上に戻る際、チェーンブロックは作られますか?
A:いいえ、作られません。(13/03/16)

Q:次の自分スタンバイフェイズ時にこのカードフィールド上に存在しない場合、除外したモンスターは戻りますか?
A:はい、戻ります。(13/03/16)

Q:効果解決時対象になったモンスターコントロール《エネミーコントローラー》効果相手に移っていた場合、除外して特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/03/16)

Q:効果解決時対象になったモンスター《月の書》効果裏側守備表示になっていた場合、除外して特殊召喚する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。
  なお、そのモンスター裏側守備表示のまま除外され、裏側守備表示のままフィールド上に戻ります。(13/03/16)


Tag: 《ビビット騎士》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 獣戦士族 攻1700 守800

広告