《ビンゴマシーンGO(ゴー)GO(ゴー)!》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから以下のカードを合計3枚選んで相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
●「ブルーアイズ」モンスター
●「ビンゴマシーンGO!GO!」以外の、
「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」のカード名が記された魔法・罠カード

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−で登場する通常魔法
 ブルーアイズモンスターまたは《青眼の白龍》《青眼の究極竜》が記された魔法・罠カード合計3枚の中からランダムに1枚をサーチする効果を持つ。

 《パワー・ツール・ドラゴン》同様、同名カードを3枚指定すれば確実にサーチできる。
 しかし、サーチ範囲のカードの内、ブルーアイズはほとんどが《ドラゴン・目覚めの旋律》で確定でサーチできる。
 《白き霊龍》《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》なら《ドラゴン・目覚めの旋律》サーチできないが、どちらも3枚積むデッキ重くなる。
 《太古の白石》《青き眼の賢士》によるリクルート《竜の霊廟》墓地へ送ることもでき、大抵はサーチよりも使い勝手がいい。
 《青眼の白龍》《青眼の究極竜》を指定する魔法・罠カードは、現状は必殺技カード2種と《カオス・フォーム》のみ。
 《滅びの爆裂疾風弾》《光の霊堂》サーチでき、《アルティメット・バースト》【青眼の白龍】でもクセが強く採用しにくい。
 一応、儀式召喚軸の【青眼の白龍】なら、《儀式の下準備》等に対応しない《カオス・フォーム》サーチする手段として使える。

  • 原作・アニメにおいて―
    イラストに描かれている《青眼の究極竜》型のビンゴマシーンは、「バトル・シティ編」の予選トーナメントの組み合わせを決めるために使われた「アルティメット・ビンゴ・マシーン」である。
    シャッフルされた玉が中央の口を経由して左右の口から1個ずつ出てきて、その番号を振り当てられているデュエリスト同士が対戦を行うというものである。
    カード名は、進行役であった磯野がトーナメント組み合わせを決める際、「ビンゴマシーンGOGO!!」と叫んでいたのをモチーフにしたと思われる。
  • ちなみにこのビンゴマシーンは城之内からは「なんだあのマシーン!!ダセー!!」と称され、さらにアニメでは御伽から「センスゼロだな」とまで酷評されている。
  • 上記の通り、多数の中から2つを選ぶためのものなのだが、OCG効果的には選ぶのは1つとなっている。
    もっとも、3枚の中からサーチする1枚を選ぶというのは、結果的にはサーチしない2枚を選ぶということでもあるので、そういう意味では再現されているといえるか。

関連カード

《青眼の白龍》または《青眼の究極竜》カード名が記された魔法・罠カード

収録パック等


Tag: 《ビンゴマシーンGO!GO!》 魔法 通常魔法

広告