《ファイアフェニックス(アット)イグニスター》

リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左/右/下】
サイバース族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが攻撃するダメージ計算時に発動できる。
このカードの攻撃力分のダメージを相手に与え、
その戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。
(3):リンク召喚したこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、
次のスタンバイフェイズに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 IGNITION ASSAULTで登場した炎属性サイバース族リンクモンスター
 攻撃時に自身の攻撃力分のダメージを与える誘発即時効果効果破壊された場合に相手モンスター破壊する誘発効果破壊され墓地へ送られた場合に次のスタンバイフェイズ自己再生できる誘発効果を持つ。

 @イグニスターに属するが、効果は汎用的且つ単体で完結しており、【サイバース族】系統で採用できる汎用リンクモンスターとして利用できる。
 特に【サラマングレイト】炎属性の制約やサポートカードを共有できるため相性が良い。

 (1)は自身の攻撃による相手への戦闘ダメージを0にする代わりに自身の攻撃力分のダメージ相手に与える効果
 直接攻撃するのとほぼ同義だが、こちらは戦闘破壊も狙える。
 反面、攻撃力が上回るモンスターしか存在しない場合に効果ダメージを与えるとなると自爆特攻になってしまう。
 ただ、ダメージさえ与えれば勝利できるという場面ならば自爆特攻してもいいだろう。
 元々の攻撃力も初期ライフの4分の1以上あり、引導火力としても申し分ない。
 リンク素材《ドンヨリボー@イグニスター》を使用すれば、あちらの効果バーンを倍加できるためよりフィニッシャー性能は高まる。

 攻撃力を他のカード効果で上げれば1ターンキルも狙える。
 中でも《Ai打ち》攻撃力の引き上げ・戦闘破壊耐性獲得・追加のバーンの3つを行えるため非常に相性が良く、元々の攻撃力が4000以上のモンスターとの戦闘では1ターンキルとなる。
 《ぶつかり合う魂》ともシナジーがあり、自分ライフが多ければ確実にバーン全体除去を通せ、少ない場合でも全体除去と引き換えに自分ライフを擬似的にバーンに変換できる。
 《斬機マルチプライヤー》エクシーズ素材に持つ《No.60 刻不知のデュガレス》と並べ、《No.60 刻不知のデュガレス》《斬機マルチプライヤー》攻撃力倍化効果でこのカード攻撃力を4倍にすれば9200ダメージとなる。

 (2)は効果破壊された際に、相手モンスター1体を道連れにする効果
 (3)の効果もあり相手効果破壊するとは考えにくいので、自分から破壊して相手モンスター除去しつつ、(3)の自己再生リンク先確保を狙うのが主な使い方になるか。
 相手全体除去チェーンして蘇生させ、強引に効果破壊に巻き込むという手もなくはない。

 (3)はリンク召喚に成功した状態で破壊された際の自己再生
 1回きりの破壊耐性とも言える効果であり、エクストラモンスターゾーンのこのカード破壊された場合は、リンク先を増やすことができる。
 (2)の効果は狙わずに自爆特攻して(1)のバーンを行ないつつ、リンク先を確保する手もある。
 ただし、蘇生が次のターンとなるので増えたリンク先が活かせるかどうかは微妙なところであり、積極的に狙うほどでもないか。

  • リンク召喚時の口上は、「気炎万丈!炎の大河から蘇りし魂、灼熱となりてここに燃え上がれ!リンク召喚!現れろ、リンク3!《ファイアフェニックス@イグニスター》!」
    当初は口上がなかったが、「vs葵/ブルーメイデン&財前晃」から上記の口上を述べている。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    炎属性モンスターを含むサイバース族モンスター2体以上 
    このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 
    (1):このカードが攻撃するダメージ計算時に発動できる。 
    このカードの攻撃力分のダメージを相手に与え、その戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。 
    (2):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。 
    相手フィールドのモンスターを1体選んで破壊する。 
    (3):このカードの(2)の効果を発動した場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。 
    このカードを墓地から特殊召喚する。
    OCGでは、リンク素材が緩くなった他、(3)の自己再生発動条件と回数制限が変更されている。
    リンク召喚に成功した際の1回しか使えなくなったので自己再生を繰り返すことはできなくなったが、戦闘破壊された時でも発動できるようになった。
  • アニメ本編でも炎属性と確認できるのだが、放送中のd-データおよびアニメ公式サイトのモンスター紹介ではなぜか「闇属性」と記述されている。
    同様のミスがあった《電影の騎士ガイアセイバー》は翌週以降のd-データの履歴と公式サイトの両方で後に修正されているが、こちらは翌週以降も修正されていない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ファイアフェニックス@イグニスター》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 炎属性 サイバース族 攻2300 @イグニスター

広告