《ファイティング・スピリッツ/Fighting Spirit》

装備魔法
装備モンスターの攻撃力は相手フィールド上に存在する
モンスター1体につき300ポイントアップする。
装備モンスターが戦闘によって破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊する事ができる。

 THE DUELIST GENESISで登場した装備魔法
 相手モンスターの数に比例した攻撃力アップ効果と、装備モンスター戦闘破壊身代わりとなる効果を持つ。

 攻撃力は最大で2100ポイント上昇するが、自然に起きる状況とは言い難く、現実的な上昇量を考えれば他の装備魔法の方が安定する。
 戦闘破壊耐性も一度きりであり、こちらにも《ミスト・ボディ》という上位種が存在する。
 まずどちらにしても中途半端であるのだが、このカードの場合攻撃力上昇効果身代わり効果が噛み合っていないという点が致命的である。
 準アタッカークラスの攻撃力があれば、《デーモンの斧》1枚でも大体は戦闘破壊されず、こちらから戦闘破壊できる範囲は広く取れる。
 それ以下の数値となると流石に上級モンスター等に処理される危険性はあるが、そもそもそういったモンスターを少しばかり強化しても焼け石に水であり、維持するにしても他のカードを当たったほうが良い。

 戦闘破壊耐性は付与しておきたいが、そこそこ攻撃力もあるモンスターに使う場合も《月鏡の盾》がある。
 《逆ギレパンダ》ならば効果が重複して働き、貫通によって守備表示に対しても負担を掛けられる分強化が活きる。
 また、《ブラック・ガーデン》の影響下では装備魔法による強化が実質2倍になり、ローズ・トークンが展開されるため強化しやすい。
 ローズ・トークンに装備させた場合でも、耐性ゆえに生き残りやすくなる。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではEXステージの遊星が使用。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:戦闘によって代わりに破壊される効果適用する場合、チェーンブロックは発生しますか?
A:チェーンブロックの発生しない効果になります。(10/08/20)


Tag: 《ファイティング・スピリッツ》 魔法 装備魔法

広告