《ファイナルサイコオーガ/Final Psychic Ogre》

効果モンスター
星5/地属性/サイキック族/攻2200/守1700
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
800ライフポイントを払う事で自分の墓地に存在する
サイキック族モンスター1体を選択して手札に加える。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した地属性サイキック族上級モンスター
 相手モンスター戦闘破壊した時に墓地サイキック族サルベージできる誘発効果を持つ。
 なお、この効果対象をとる(指定する)効果である。(10/07/12)

 戦闘破壊時にライフを削って墓地サイキック族を再利用できるサイキック族上級モンスターには《アーマード・サイキッカー》が存在する。
 あちらはサルベージではなく特殊召喚であり、サイキック族以外も蘇生でき、自身をリリースなしで召喚できる効果も持っている。
 しかしあちらは蘇生ができるかどうかに不確定要素が多く、単体で攻撃力1100以上のモンスターを回収できない。
 またダメージを受ける効果強制効果である点を考えると、効果の安定した利用ではこちらに軍配が上がるだろう。
 《脳開発研究所》《念動増幅装置》ライフコストを肩代わりできる点ではやや勝っている。

 攻撃力の低いモンスター破壊した場合でも効果発動できるので、《カバリスト》等を送りつけ戦闘破壊するにはうってつけである。
 破壊した《カバリスト》をその場で手札に加え、再利用もできる。

 手札から捨てる必要がある《ライフ・コーディネイター》《タイム・エスケーパー》特殊召喚できない《マックス・テレポーター》特殊召喚から効果発動できない《沈黙のサイコウィザード》ならばサルベージする意義も大きい。

 如何せん【サイキック族】でもわざわざ採用するようなカードとは言い難いのだが、レベル5のサイキック族では唯一の地属性である。
 《沈黙のサイコウィザード》から《トランスターン》リクルートすれば、間接的な蘇生も同時に果たせる。
 《トランスターン》《寡黙なるサイコプリースト》とも組み合わせられるので、取れる選択肢は意外と多い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ファイナルサイコオーガ》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 サイキック族 攻2200 守1700

広告