《ファイヤー・ウォール/Fire Wall》

永続罠
相手が直接攻撃を宣言した時、自分の墓地に存在する
炎族モンスター1体をゲームから除外する事で、
そのモンスターの攻撃を無効にする。
自分のスタンバイフェイズ毎に500ライフポイントを払う。
払わなければ、このカードを破壊する。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した永続罠
 墓地炎族除外することで相手直接攻撃無効化する効果と、スタンバイフェイズ毎の維持コストを持つ。

 炎族墓地に送りやすいデッキとしては、【ヴォルカニック・バーン】【ラヴァル】が挙げられる。
 しかし、前者は《ブレイズ・キャノン・マガジン》活用のため炎族デッキに戻し、後者は《真炎の爆発》蘇生するのが基本戦術であり、除外するのは相性が悪い。
 直接攻撃に対してしか発動できず、フィールドを開けることも少ないので発動機会自体もそれほどない。

 墓地リソースさえあれば攻撃をいくらでも無効にできるカードは貴重なのだが、活用に適したデッキがこれといってないのが現状である。

  • Fire Wallは「防火壁」という意味。
    しかし、イラストを見る限りは直訳で「炎の壁」というイメージのようだ。
  • アニメでのイラストは戦士が全体的にぼやけて描かれていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードを既に発動している状態で、自分墓地炎族モンスターを大量に除外する目的で一回の直接攻撃に対してこのカードの効果を複数回発動する事はできますか?
A:既に発動している状態の《ファイヤー・ウォール》の効果を、一度の攻撃に複数回チェーンを組んで発動する事はできません。(09/09/01)


Tag: 《ファイヤー・ウォール》 永続罠

広告