《ファイヤー・トルーパー/Fire Trooper》

効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
このカードを墓地へ送って発動できる。
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

 PHANTOM DARKNESSで登場した炎属性戦士族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる任意発動誘発効果を持つ。

 モンスターというよりは、通常召喚の権利をコストとしたバーンカードに近い。
 墓地へ送るのはコストであるため、《激流葬》などに妨害されることはない。

 《デス・メテオ》の変種とも見なすことができ、【フルバーン】のコンセプトである「1枚につき1000ダメージ」に合致したカードである。
 同種族で同じ発動条件ダメージ量だが、フィールドに残ったままダメージを与える《星因士 シャム》と使い分けたい。
 こちらのみの弱点として《マクロコスモス》などの墓地封じ、あちらのみの弱点には《スキルドレイン》《エフェクト・ヴェーラー》などのフィールド上への効果無効化が挙がる。
 【光属性】系の流行期に見られる《閃光を吸い込むマジック・ミラー》等のような限定的メタカードとまず遭遇しない点も、マイナーな炎属性故の優位ではあるだろう。
 モンスターが減り、その後のエクシーズ召喚等を狙いにくい点ではこちらの方が劣るが、墓地へ送るため、《死者蘇生》などでバーン連射ができるなどこちらのみの利点もある。

 また、手札から召喚して発動する場合、あくまで通常召喚の権利を使って発動する効果である。
 このことは【フルバーン】を組む時に《E・HERO バブルマン》《サイバーデーモン》などのドロー加速モンスターと併用する際に重要になる。
 よって無闇に大量投入するのではなく、併用するモンスターと相談して投入枚数をよく考えたいところ。
 上記ドロー加速カードを使いたくても、手札のこのカードを処理できなくて死に札にしてしまうような事態は避けたい。

  • 「トルーパー」には「騎兵」と言う意味もあり、直訳すれば「炎の騎兵」となる。
    ただし、イラストでは動物や乗り物に騎乗してはいないが、そのような例は多くのメディアで見られる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「オブライエンvs笑いの仮面」戦にてオブライエンが使用。
    効果によりダメージを与えたが、笑いの仮面の墓地に置かれた魔法カード《ラフ・ファイト》によって、自分も同じダメージを受ける羽目になった。
    そして、魔法カード《ファイヤー・バック》によって蘇生され、再びダメージを与えた。
    また、異世界で覇王十代の側近である五人衆から逃げるときに使用された。
  • コナミのゲーム作品において―
    メタルギアシリーズ第一作『METAL GEAR』にて、同名の中ボスが登場している。
    TAG FORCEシリーズに登場する、KONAMIのゲームが元ネタのカードが収録された隠しパック「正午(まひる)の星座」にはこのカードも収録されている。
    火炎放射器の使い手であるところがこのカードと近いものを感じさせるが、その姿は似ても似つかない。
    《D・D・R》と同じ名前ネタだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚された場合も発動できますか?
A:発動できます。(08/09/23)


Tag: 《ファイヤー・トルーパー》 効果モンスター モンスター 星3 炎属性 戦士族 攻1000 守1000

広告