《ファラオの化身(けしん)/Beast of the Pharaoh》

効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 400/守 600
このカードがシンクロモンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、
自分の墓地に存在するレベル4以下のアンデット族モンスター1体を選択して
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

 THE DUELIST GENESISで登場した地属性アンデット族下級モンスター
 シンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合に、レベル4以下のアンデット族モンスター蘇生する任意発動誘発効果を持つ。

 アンデット族下級モンスター《ゾンビ・マスター》などを蘇生させればこのカードも再展開しやすい。
 《アンデットワールド》適用下であれば蘇生範囲も広がるため併用も考えられる。

 また、シンクロ素材として墓地へ送られた自身も蘇生可能なので、チューナーが存在する限り数回に渡るシンクロ召喚が可能となる。
 【シンクロアンデット】ならば《ゾンビキャリア》はもちろん、複数体のチューナーを展開できる《深海のディーヴァ》《ジャンク・シンクロン》との併用でも十分な性能を発揮できる。
 《TG ハイパー・ライブラリアン》を含むシンクロモンスター2体を一度に展開し、更にアンデット族蘇生と爆発力は随一。
 このカード蘇生できる《デブリ・ドラゴン》も併用することで、更に回転力が上がるだろう。

 一方で《ゾンビキャリア》シンクロ素材とする《デスカイザー・ドラゴン》《蘇りし魔王 ハ・デス》《アンデット・スカル・デーモン》との相性は悪い。
 このカード《ゾンビキャリア》ではレベルが1足りず、アンデット族で使いやすいレベル1のモンスターもさほど居ない。
 同じく三体使用する場合、レベルを変更できる《ペインペインター》が存在するが、上記よりは難度は低いものの効果レベルを変更しない場合に他の有用なシンクロモンスターを出せる場合が多くなる。
 そのため、これらのシンクロモンスターを採用するデッキには無理に入れなくても良い。

  • 海外のこのカードには「ファラオの(直訳)」なる名が与えられている。
    「化身」どころか、「アンデット」としても扱われていない。

関連カード

―《ファラオの化身》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード蘇生効果で、自身の特殊召喚は可能ですか?
A:はい、可能です。(08/04/22)

Q:任意効果ですが、シンクロ召喚の処理がタイミングを逃す要因になりませんか?
A:「墓地へ送られた場合」なので、タイミングを逃しません。(09/05/15)

Q:《ミスト・ウォーム》《ブラック・ローズ・ドラゴン》等のシンクロ召喚に成功した時に発動する強制任意効果を持つシンクロモンスターシンクロ召喚した場合、どのように処理しますか?
A:発動するタイミングは同時なので、チェーンを組んで処理します。(08/07/28)


Tag: 《ファラオの化身》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 アンデット族 攻400 守600

広告