《フィッシュボーグ−アーチャー/Fishborg Archer》

チューナー(効果モンスター)
星3/水属性/魚族/攻 300/守 300
このカードが墓地に存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
手札の水属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
さらに、この効果で特殊召喚したターンのバトルフェイズ開始時に
水属性以外の自分フィールド上のモンスターを全て破壊する。
「フィッシュボーグ−アーチャー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 ジャンプフェスタ2013(1日目) プロモーションカードで登場した水属性魚族下級モンスターチューナー
 手札水属性コスト自己再生する起動効果を持ち、メインフェイズ1で発動した場合、そのターンバトルフェイズ開始時に水属性以外を破壊する処理を行う(残存効果)。

 自己再生できるチューナーのため、効果使用後にモンスター召喚すれば各種素材として利用できる。
 ただし、フィールドモンスターが存在していない場合に限られ、同名カードを含めて1ターンに1度しか使えない点は注意。

 蘇生制限除外などのデメリットはないので《浮上》《ダブルフィン・シャーク》などで何度も使い回せるため、自己再生できない場合でも各種素材として有用。
 《水精鱗−アビスパイク》《水精鱗−アビスタージ》サーチサルベージに対応し、蘇生コスト海皇を使い効果発動させることも可能。
 《フィッシュボーグ−プランター》《フィッシュボーグ−ドクター》を併用すれば召喚権を消費せずにレベル5・7のシンクロモンスターを出すことができる。

 効果を使うとバトルフェイズ開始時に水属性以外を破壊するデメリットが発生し、実質水属性以外のモンスター攻撃できなくなってしまう。
 ただしこの点は破壊耐性を持つモンスターを展開したり、《DNA移植手術》で全てのモンスター水属性にすることで回避できる。
 先攻ターン目などのバトルフェイズが行えないターンメインフェイズ2で発動する事も可能であり、その場合はデメリットを踏み倒せる。
 展開のみを目的とし、バトルフェイズを行わずにターンを終了して回避しても良いだろう。

 またこのデメリットを逆手にとり、破壊された時に発動する効果トリガーとする事も可能である。
 レベル3なので《発条機雷ゼンマイン》エクシーズ召喚に利用でき、能動的に除去発動させられる。
 頻繁に狙えるものではないが、《エクシーズ・ダブル・バック》なども利用できるようになるので覚えておきたい。

  • イラストでは水槽が2つ確認でき、それぞれカワウソ・アシカと思しき生き物が入っている。
    ケンタウロスのような構造になっており、カワウソが腕の部分を、アシカが胴体を管轄しているのだろう。
    どう見ても魚の要素はないが、他のフィッシュボーグと同様に魚族である。

関連カード

―「アーチャー」と名の付くモンスター《アマゾネスの射手》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚モンスター破壊、それぞれの効果分類は何になりますか?
A:墓地からの特殊召喚起動効果破壊効果はそれに伴うチェーンブロックを作らない処理(残存効果)です。(12/12/22)

Q:このカードフィールドを離れていた場合でも、バトルフェイズ開始時にモンスター破壊しますか?
A:はい、その場合でも破壊します。(12/12/22)

Q:自分メインフェイズ1にこのカードの効果発動しました。
  このカード残存効果で、スタートステップ《ライバル・アライバル》召喚した水属性以外のモンスター破壊することはできますか?
A:このカード水属性以外のモンスター破壊する処理は、バトルフェイズに移った後、ただちに適用されます。
  したがって、このカード効果処理を適用する前に《ライバル・アライバル》発動すること自体ができません。(19/08/07)

Q:前の自分ターン《星見鳥ラリス》攻撃し、自身の効果除外されている状態です。
  自分メインフェイズ1にこのカードの効果発動しました。
  バトルフェイズ開始時、《星見鳥ラリス》帰還する処理とこのカード破壊する処理はどのような順番で行いますか?
A:どちらの処理を先に行うかは、任意に決めることができます。(19/08/23)


Tag: 《フィッシュボーグ−アーチャー》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 水属性 魚族 攻300 守300 フィッシュボーグ

広告