《フェイク・エクスプロージョン・ペンタ/Fake Explosion》

通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
モンスターはその戦闘では破壊されず、
ダメージ計算後、自分の手札・墓地から
「サモン・リアクター・AI」1体を選んで特殊召喚する。

 CRIMSON CRISISで登場した通常罠
 モンスターに一時的に戦闘破壊耐性を付与し、さらにダメージ計算後に《サモン・リアクター・AI》特殊召喚する。

 前半の効果攻撃力が低い《マジック・リアクター・AID》《トラップ・リアクター・RR》戦闘破壊から守るのに役立つ。
 しかしモンスターを守るだけなら《和睦の使者》等でも可能なので、使用する場合は後者の効果を主に使うことになる。

 後半の効果《サモン・リアクター・AI》限定の特殊召喚効果
 アドバンテージを重視するなら蘇生を狙いたいので、《終末の騎士》等で先に墓地へ送ると良い。

 攻撃されるモンスターに指定はないため、揃わない場合でも1度だけ戦闘破壊を防げるカードとして運用する事もできる。

 しかし、蘇生を狙うなら《リビングデッドの呼び声》があり、《サモン・リアクター・AI》自体に攻撃を防ぐ効果があるので蘇生するだけで十分な場合が多い。
 また、戦闘破壊からモンスターを守るのであれば《和睦の使者》と、他に使い勝手の良いカードが多くあるのも事実。
 「1枚で両方の役割を果たせる」と言えば聞こえは良いが、実際は受動的な発動条件と相まって中途半端になりやすいのでよく考えて採用したい。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではボマーが使用。
    発動時には「遊星vsボマー」のときの台詞に準じて「発動していた」と過去形で宣言する。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《サモン・リアクター・AI》特殊召喚する効果チェーンを組みますか?
 また、どのタイミングで発動されますか?
A:チェーンを組みます。発動タイミングは戦闘ダメージを与えた直後となります。(09/03/28)

Q:このカードは、自分手札または墓地《サモン・リアクター・AI》が存在しない場合でも発動できますか?
A:その場合でも発動できます。(08/11/20)

Q:このカードは、自分直接攻撃を受ける場合でも発動することができますか?
A:はい、発動できます。(08/11/16)

Q:「モンスターはその戦闘では破壊されない」というのは、自分相手両方のモンスターが、その戦闘では破壊されないということですか?
A:はい、そうです。相手モンスターもその戦闘では破壊されなくなります。(08/11/16)

Q:後半の手札または墓地から《サモン・リアクター・AI》特殊召喚する効果強制効果ですか?それとも任意効果ですか?
A:強制効果です。手札墓地に存在する場合、必ず特殊召喚を行います。(09/01/08)

Q:《サモン・リアクター・AI》特殊召喚しない場合、手札を確認させる必要はありますか?
A:ゲームのルールとして確認が必須であるとは定めておりません。
 まずはプレイヤー同士でどのように対戦を進行するか話し合い、解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/19)

Q:ダメージステップ開始からダメージ計算時までに《天罰》などでどちらかのモンスターが破壊された場合、《サモン・リアクター・AI》特殊召喚できますか?
A:特殊召喚できません。(12/10/03)

Q:攻撃の巻き戻しが起こった場合、戦闘では破壊されない効果及び《サモン・リアクター・AI》の特殊召喚はどうなりますか?
A:このカードの発動のきっかけとなった相手モンスターが戦闘の巻き戻し後に、そのまま攻撃対象を選び直してダメージ計算を行うのであれば、このカードの効果は適用されます。(14/06/26)

Q:このカードの発動《王宮の弾圧》無効にできますか?
A:可能です。(10/04/05)

Q:この罠カードの「カードの発動」ではなく、「《サモン・リアクター・AI》特殊召喚する効果」に《スターダスト・ドラゴン/バスター》チェーンできますか?
A:はい、できます。(12/02/29)


Tag: 《フェイク・エクスプロージョン・ペンタ》 通常罠

広告