《フェイバリット・ヒーロー》

装備魔法
レベル5以上の「HERO」モンスターにのみ装備可能。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールドゾーンにカードが存在する場合、
装備モンスターは、攻撃力が元々の守備分アップし、相手の効果の対象にならない。
(2):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。
自分の手札・デッキからフィールド魔法カード1枚を選んで発動する。
(3):装備モンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時、
このカードを墓地へ送って発動できる。
その攻撃モンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場した装備魔法
 フィールド魔法が存在する場合に装備モンスター攻撃力アップと対象耐性を与える効果バトルフェイズ開始時に手札デッキからフィールド魔法発動する効果、自身を墓地へ送ることで装備モンスター連続攻撃させる効果を持つ。

 (1)は自分フィールド魔法が存在する場合に自己強化し、対象耐性を得る効果
 フィールド魔法に関しては(2)で準備できるため、適用は容易である。
 しかしその場合、対象耐性メインフェイズ1で適用されない事になるため注意が必要。
 レベル5以上のHEROモンスターなら守備力も高いため、十分な強化を得られる。
 ただし《最強の盾》とは異なりレベルを持たないリンクモンスター群であるX・HEROには装備できない。

 (2)はバトルフェイズ開始時にフィールド魔法発動する効果
 HERO装備対象にしているため、それをサポートできるフィールド魔法を選ぶ様にしたいが、《摩天楼 −スカイスクレイパー−》《ダーク・シティ》は(1)との相性が悪い。
 《覇王城》《幽獄の時計塔》《ネオスペース》ならばギミックの核となることもあり、有力な候補となる。
 それ以外でも、《魔鍾洞》《フュージョン・ゲート》等の汎用性のあるフィールド魔法を活用することも可能。
 発動するフィールド魔法に制限はないのだが、効果処理中に直接発動するため、フィールド魔法ごとの発動時の効果は利用できない。

 (3)は自身を墓地へ送ることによる連続攻撃
 (1)の強化は失われるが、直接攻撃は可能であるため、攻撃力が十分あればフィニッシャーにできる。

 攻撃回数と攻撃力がそのままダメージ源になる《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》《E−HERO インフェルノ・ウィング》とは非常に相性が良い。
 《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》であれば、(1)での大幅強化に加えて(3)の2回攻撃を行うため、攻撃さえ通ればほぼ確定で1ターンキルが成立する。
 《E−HERO インフェルノ・ウィング》でも、(2)の効果《覇王城》サーチしつつ2回攻撃を行うことで少なくとも7000のダメージが入る。

  • 「フェイバリット(favorite、favourite)は「一番好きな」・「最もお気に入りの人や物」という意味の英語。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《フェイバリット・ヒーロー》 魔法 装備魔法

広告