《フォーチュン・ヴィジョン》

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「フォーチュンレディ」カード1枚を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのカードが効果で除外された場合に発動できる。
このターン、自分フィールドのモンスターは効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのカードが効果で除外された場合に発動できる。
このターン、自分が受ける戦闘ダメージは1度だけ0になる。

 RISING RAMPAGEで登場した永続魔法
 フォーチュンレディカードサーチする効果自分フィールドのカード除外された場合にモンスター効果破壊耐性を付与する効果相手フィールドのカード除外された場合に戦闘ダメージを1度だけ0にする効果を持つ。

 【フォーチュンレディ】必須カードと言うべきサーチカード
 更に、【フォーチュンレディ】でしばしば採用される《フューチャー・ヴィジョン》トリガーにできる(2)・(3)の効果を兼ね備えている。
 《魔法族の里》採用型など、《フューチャー・ヴィジョン》を使わないタイプの【フォーチュンレディ】では(2)・(3)の効果腐るが、(1)の効果だけでも十二分に有用であろう。

 (1)はフォーチュンレディサーチ
 魔法・罠カードサーチできるので、展開の基軸となる《フォーチュンレディ・コーリング》サーチできるのは大きい。
 その他には、キーカードである《フォーチュンレディ・ライティー》か、召喚に成功した時の効果を持つ《フォーチュンレディ・ウインディー》サーチ候補となる。

 (2)は、自分フィールドのカードカード除外された場合に、自分モンスター効果破壊耐性を付与するもの。
 基本的に自分ターン自分モンスター除外する《フューチャー・ヴィジョン》とのシナジーは微妙なところ。
 相手の《サンダー・ボルト》等の除去は防げず、フリーチェーン除去《激流葬》《フューチャー・ヴィジョン》効果チェーンして発動されてしまう。
 相手ターン《亜空間物質転送装置》《フォーチュンレディ・ライティー》除外しつつこの効果発動するような運用ができれば理想的である。

 (3)の効果により、相手カード除外された場合はそのターン1度だけプレイヤーへの戦闘ダメージが0になる。
 こちらは《フューチャー・ヴィジョン》との相性は良好で、相手ターン攻撃で受けるダメージを軽減できる。
 《フューチャー・ヴィジョン》採用型【フォーチュンレディ】では、《フォーチュンレディ・ライティー》等が攻撃表示のまま相手ターンを迎えやすく、そのダメージを軽減できる意義は小さくない。
 ただしこの効果適用された後は弱小モンスター攻撃をしかけ、その後大型モンスター攻撃するといった動きで対策される点は注意。

 構築は難しいが、魔法・罠カードバウンスするカードを使用すれば(1)の効果を使い回せる。
 また、魔法・罠カードバウンスする効果は、《フューチャー・ヴィジョン》との相性も良い。
 《フューチャー・ヴィジョン》除外したモンスターフィールド戻る前に《フューチャー・ヴィジョン》フィールドから離すと、そのモンスター除外されたままになる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《フォーチュン・ヴィジョン》 魔法 永続魔法

広告