《フォーチュンレディ・エヴァリー/Fortune Lady Every》

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻   ?/守   ?
チューナー+チューナー以外の魔法使い族モンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力・守備力はこのカードのレベル×400になる。
(2):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードのレベルを1つ上げる(最大12まで)。
その後、相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで除外できる。
(3):相手エンドフェイズにこのカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地からこのカード以外の魔法使い族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 RISING RAMPAGEで登場した光属性魔法使い族シンクロモンスター
 フォーチュンレディ共通の永続効果自分スタンバイフェイズに自身のレベルを上げて任意で相手表側表示モンスター1体を除外する誘発効果相手エンドフェイズ自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)の効果で基本攻撃力は2800となり、レベル7のシンクロモンスターとしては高い部類に入る。
 シンクロ素材や自身の効果【魔法使い族】なら汎用的なものなので、シンクロ召喚のギミックを採用した【魔法使い族】なら十分採用を検討できる。
 ライフコストこそ大きいものの、《亡龍の戦慄−デストルドー》を利用すれば他のフォーチュンレディシンクロ素材にする場合でもレベルの調整を考えずにシンクロ召喚が可能。

 (2)は、フォーチュンレディに共通するレベルを上げる効果
 こちらはレベルを上げるだけでなく、さらに相手モンスター除外する事もできる。
 対象をとらない効果なので、多くの耐性持ちのモンスターにも有効である。
 シンクロ召喚後往復1ターン待つ必要があるものの、(3)の効果のおかげでフィールドに居る可能性は高く、ステータスも1レベル上がるだけで《青眼の白龍》を上回る。

 (3)は自己再生効果
 発動するのが相手ターンエンドフェイズなので、そのまま(2)の効果へ繋がる。
 コストとなる魔法使い族も、シンクロ素材で自然と墓地へ行くため墓地を肥やすことを意識せずとも1回は使える。
 あえてリンク素材等にする事で、相手ターン墓地でやり過ごすという手もある。
 除外に関しては《フォーチュンレディ・リワインド》《フォーチュンフューチャー》で自然と対策できるので、バウンスには警戒しておきたい。

 《アーカナイト・マジシャン》とは、同レベルで同じシンクロ素材縛りを持つ。
 アドバンテージの即効性ではあちらが優るが、こちらは継続してアドバンテージを稼げる。
 魔法使い族が少ないと自己再生コストの弾切れが懸念されるため、ある程度【魔法使い族】に寄った構築にしたい。

関連カード

―《フォーチュンレディ・エヴァリー》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《フォーチュンレディ・エヴァリー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星7 光属性 魔法使い族 攻? 守? フォーチュンレディ

広告