《フォーチュンレディ・ファイリー/Fortune Lady Fire》

効果モンスター
星2/炎属性/魔法使い族/攻   ?/守   ?
このカードの攻撃力・守備力は、このカードのレベル×200ポイントになる。
また、自分のスタンバイフェイズ時、このカードのレベルを1つ上げる(最大レベル12まで)。
このカードが「フォーチュンレディ」と名のついた
カードの効果によって表側攻撃表示で特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊し、
破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 ANCIENT PROPHECYで登場した炎属性魔法使い族下級モンスター
 フォーチュンレディ共通の永続効果誘発効果フォーチュンレディ効果特殊召喚に成功した時に相手モンスター1体を破壊し、その攻撃力分のダメージを与える誘発効果を持つ。

 フォーチュンレディ共通のレベルステータスをアップする効果を持つが、初期ステータス・上昇値共に低いため、維持するメリットは少ない。
 フォーチュンレディ効果特殊召喚された時の効果をメインに運用することになる。
 効果自体は《No.61 ヴォルカザウルス》とほぼ同様の効果であり、除去ダメージアドバンテージを取りやすい。

 トリガーには、《フォーチュンレディ・ライティー》《フォーチュンレディ・ダルキー》の2枚が対応している。
 《フォーチュンレディ・ライティー》《亜空間物質転送装置》除外してこのカード特殊召喚すればフリーチェーン効果のように使える。
 《フューチャー・ヴィジョン》《刻剣の魔術師》を使えば自分ターンに能動的に使え、その後の攻撃もサポートできる。
 《フォーチュンレディ・ダルキー》蘇生させても効果を使え、この場合ダメージステップ蘇生するため、対処が難しい。
 特に相手モンスター《オネスト》装備魔法等で一時的に攻撃力が大幅に上がっている場合は、積極的に効果発動していきたい。

 相手がこのカードを警戒して大型モンスターを出してこない場合や破壊耐性持ちに対しては、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》壊獣を使ってみるのも面白い。
 いずれも正規手順で特殊召喚すれば蘇生制限を満たすので、《ギブ&テイク》送りつけて繰り返しダメージを与えることも可能である。

 ただ、手札に来てしまうと使い道に困るのが難点。
 《フォーチュンレディ・ダルキー》との兼ね合いも考えて、《サンダー・ブレイク》手札コストとして早めに墓地へ送ってしまいたいところ。
 また効果発動後に攻撃の的にされやすいことも考えて、《ディメンション・マジック》リリースしたり、《強制転移》送りつけるのも良い。

関連カード

―《フォーチュンレディ・ファイリー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:レベルに比例してステータスが決まるのは永続効果レベルが上がる効果モンスター破壊するのは誘発効果です。(09/05/21)

Q:破壊する効果は相手表側表示モンスター1体を対象をとりますか
A:はい、対象をとります。(09/05/09)

Q:攻撃力分のダメージフィールド墓地除外のどちらで判定しますか?
A:相手モンスターフィールド上に存在している時の攻撃力の数値で判定します。(09/05/09)

Q:効果処理時に選択した相手モンスター表側表示フィールドに存在しない場合、そのモンスター破壊されますか?
A:いいえ、その場合は破壊されず、効果ダメージもありません。(09/07/21)

Q:効果処理時に選択した相手モンスター自分フィールド上に表側表示で存在している場合、そのモンスター破壊されますか?
A:いいえ、その場合は破壊されず、効果ダメージもありません。(12/08/22)

Q:効果処理時にこのカード表側攻撃表示でない場合、効果不発になりますか?
A:いいえ、効果処理時表側攻撃表示でなくても効果は処理されます。(09/07/21)

Q:破壊ダメージの処理は同時に行われますか?
A:はい、同時に処理されます。(09/08/03)


Tag: 《フォーチュンレディ・ファイリー》 効果モンスター モンスター 星2 炎属性 魔法使い族 攻? 守? フォーチュンレディ

広告