《フォーム・チェンジ/Form Change》

速攻魔法
(1):自分フィールドの「HERO」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエクストラデッキへ戻し、
そのモンスターの元々のレベルと同じレベルでカード名が異なる
「M・HERO」モンスター1体を、
「マスク・チェンジ」による特殊召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−HERO's STRIKE−で登場した速攻魔法
 融合HERO1体を、エクストラデッキに存在する同じレベル同名カードではないM・HERO1体と入れ替える。

 レベルに関係なく同じ属性M・HEROを呼ぶ《マスク・チェンジ》とは対と言える効果を持つ。
 元とするHEROの種類は融合モンスターならば何でもよく、こちらは《DNA移植手術》神属性にされてしまったHEROにも使用することができる。
 該当するレベルであれば特殊召喚先は必ず2種類以上の選択肢があるので、エクストラデッキこそ圧迫するものの対応力が高いのも《マスク・チェンジ》にはない強みである。
 しかし、一度融合モンスターを出すことが必須になるため、下級モンスターにも使えた《マスク・チェンジ》に比べ腐りやすい
 大前提として融合モンスターHEROを出しやすいことが必須となるため、《マスク・チェンジ》の代わりではなく、併用し動きを広げる使い方になるだろう。

 また、現時点では殆どのモンスター変身召喚が可能な《マスク・チェンジ》以上に、対応するレベルの少なさによる扱いづらさの問題が存在している。
 M・HEROレベル6とレベル8のみで構成されているため、元となる融合HEROレベルもこのどちらかである必要がある。
 HERO、特にE・HERO融合モンスターが非常に豊富だが、このカードを採用するなら対応するレベルを優先すると良いだろう。
 最も扱いやすい、特定属性融合素材とする融合E・HERO6体は全てこれらのレベルに属するのは幸いである。

  • M・HEROが特撮ヒーローをイメージしていることからすると、「フォーム・チェンジ」というのは、平成の特撮シリーズでよく登場するようになった、異なる特性(属性)を持つ形態に変身することを指しているものと思われる。

関連カード

イラスト関連

M・HEROと同レベルを持つHERO融合モンスター一覧

収録パック等

FAQ

Q:エクストラデッキ戻す処理と特殊召喚する処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、同時に行う扱いではありません。(14/06/21)


Tag: 《フォーム・チェンジ》 魔法 速攻魔法 チェンジ

広告