《フォトン・オービタル/Photon Orbital》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻 500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「フォトン」モンスター
または「ギャラクシー」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを
攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
装備モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):装備されているこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキから「フォトン・オービタル」以外の「フォトン」モンスター
または「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−で登場した光属性機械族下級モンスター
 フォトンまたはギャラクシーモンスター手札フィールドからこのカード装備できる起動効果装備カード状態のこのカード墓地へ送りフォトンまたはギャラクシーモンスターサーチできる効果を持つ。

 (1)はフォトンまたはギャラクシーモンスターに自身を装備カードとして装備できる効果
 手札からも装備できるため、装備魔法に近い感覚で使用できる。
 装備モンスターは、攻撃力が500アップし、戦闘破壊耐性も付与されるがそれだけではメリットは小さい。
 《輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン》なら、自身の効果耐性を得られるようになり、このカード耐性が合わさり格段に場持ちが良くなる。
 魔法カード無効にする《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》モンスター効果無効にする《No.90 銀河眼の光子卿》も維持するメリットが大きい。
 また、装備対象《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》の場合はそちらの効果エクシーズ素材に変換することも可能。

 (2)は装備カード状態のこのカード墓地へ送りフォトンまたはギャラクシーモンスターサーチする効果
 《フォトン・バニッシャー》とは特に相性が良く、(1)の発動条件の都合上あちらの召喚条件が整っているためそのまま特殊召喚が可能。

 基本的には(1)(2)の効果を併用して【フォトン】【ギャラクシー】サーチカードとして使うことになる。

 【フォトン】においては《フォトン・サテライト》《機械複製術》を共有できるのはメリット
 3体全てを各種素材に利用するほか、1体を(1)(2)の併用でサーチ役として消費し、残り2体を素材にするなど柔軟な対応が可能となる。

  • 原作・アニメにおいて―
    イラストに描かれているオービタル7は、アニメZEXALIIにおいて遊馬とデュエルをした際の姿である。
    この時使用したデュエルディスクは主のカイトが使用するものの同型で、頭部に格納されていた。
    また、終盤では月面における「カイトvsミザエル」(3戦目)にて、宇宙服に変形してカイトを保護している。
    装備効果はこちらをイメージしたものだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《フォトン・オービタル》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 機械族 攻500 守2000 フォトン

広告