《フォトン・サーベルタイガー/Photon Sabre Tiger》

効果モンスター
星3/光属性/獣族/攻2000/守 300
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
デッキから「フォトン・サーベルタイガー」1体を手札に加える事ができる。
自分フィールド上にこのカード以外の「フォトン・サーベルタイガー」が存在しない場合、
このカードの攻撃力は800ポイントダウンする。

 EXTRA PACK 2012で登場した光属性獣族下級モンスター
 召喚・反転召喚に成功した同名カードサーチする誘発効果同名カードが存在しないと弱体化する永続効果を持つ。

 サーチ効果対象同名カードに限定されるが、ガジェットのようにモンスターを維持していくことができる。
 単体では攻撃力1200だが、2体目を召喚すれば攻撃力2000のアタッカーが並び、ハンド・アドバンテージの損失もない。
 罠カード《オネスト》を利用して1体目を守るか、ペンデュラム召喚で2体目を出すといった動きにする、あるいは《サモンチェーン》速攻魔法を組み合わせて召喚権を確保してもいいだろう。

 特殊召喚時は攻撃力1500以下なので、《地獄の暴走召喚》で3体揃えることもできる。
 一度並べた後はレベル3である事を活かし、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》等をすり抜けながら攻撃を行える。
 ハンド・アドバンテージシンクロ素材エクシーズ素材《暗黒のマンティコア》自己再生に利用するのもいい。
 ランク3中心のデッキの場合、サーチした1体を《エッジインプ・シザー》自己再生コストデッキトップに戻し、《モンスター・スロット》で2体揃えるといった動きも可能。

 効果無効にしても攻撃力2000となるが、サーチ効果を失う《スキルドレイン》との相性は悪い。
 《クレーンクレーン》《最期の同調》効果無効にして蘇生させれば、アタッカーとしても使える。
 1ターン限定になるが、《禁じられた聖杯》なら2400に、《あまのじゃくの呪い》なら2800にまで攻撃力をアップできる。
 《レスキューキャット》で2体まとめて展開するのも手であり、効果無効になるため2体とも攻撃力2000のアタッカーとして活用できる。
 メインフェイズ2にエクシーズ素材にしたり、《ツイン・フォトン・リザード》融合素材にするなどすれば自壊デメリットも無視できる。

 【フォトン】では主力となる《フォトン・スラッシャー》レベル4とレベルが異なるため、使い勝手はイマイチ。
 ただ、フォトンモンスターの中ではアドバンテージを稼ぐ効果を持つモンスターは貴重であり、《ツイン・フォトン・リザード》融合召喚の損失を補うのには適している。
 このカード《融合》の2枚だけでも《ツイン・フォトン・リザード》融合召喚でき、その後《ツイン・フォトン・リザード》効果を使えば攻撃力2000が2体並び、ランク3のエクシーズ召喚も可能。

  • 元々は、海外版Photon Shockwaveで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。
    • 海外でこのカードが登場した時はフォトンの黎明期であり、低スペックなカードが散見される中に現れたこのカードは注目され、来日が待ち望まれていた。
      ところが来日までの間フォトンはすでにテーマとして醸成してしまい、レベルの合わないこのカードは結局採用を見送られがちになってしまったという経緯を持つ。
      とはいえ単体でアドバンテージを得られ、不遇のカードとは言い切れない。

関連カード

同名カードのみをサーチできるカードについては《ポケ・ドラ》を参照

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に表側表示装備カード扱いの《フォトン・サーベルタイガー》が存在する場合でも、このカード攻撃力はダウンしませんか?
A:はい、ダウンしません。(12/10/14)


Tag: 《フォトン・サーベルタイガー》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 獣族 攻2000 守300 フォトン

広告