《フォトン・トライデント/Photon Trident》

速攻魔法
自分フィールド上の「フォトン」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は700ポイントアップし、
守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、選択したモンスターが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊できる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 EXTRA PACK 2012で登場した速攻魔法
 エンドフェイズまでフォトン1体の攻撃力を700アップし、貫通効果を付与する効果、この効果を受けたモンスター戦闘ダメージを与えた時に相手魔法・罠カード破壊する効果を持つ。

 フォトンに限れば《突進》《H−ヒートハート》上位互換であり、《旋風剣》等の類似する条件の魔法・罠除去と比較しダメージステップ発動できる点から奇襲性が高い。

 《フォトン・ケルベロス》ならば罠カード発動を封じられるため更に安全な除去が狙え、単体でも《ライオウ》クラスを処理できる。
 《フォトン・スラッシャー》ならば《マスター・ヒュペリオン》等の最上級モンスタークラスまで手が届く。
 対象を確保でき、維持により更なる戦力増強が望める《フォトン・サーベルタイガー》との相性もよい。
 上昇値が低いのが難点だが、これらのモンスターを使い分ける事の可能な《フォトン・リザード》を上手く利用すれば広範囲に対応できる。
 守備表示になる《フォトン・クラッシャー》や実質的な戦闘破壊耐性を持つ《銀河眼の光子竜》では多少恩恵は受けにくいが、貫通により攻撃時に活かせるので無駄になる訳ではない。

 連続攻撃を付与して条件を満たせば、2枚以上の魔法・罠カード破壊も可能であり、貫通ダメージの恩恵も大きくなる。
 フォトン連続攻撃できるのは《超銀河眼の光子龍》のみで、フィニッシャー向けの効果なので複数の守備表示に対しては絶大な力を発揮する。
 《アサルト・アーマー》《フォトン・スラッシャー》に対して使うなど、別のカードとの併用も一つの手である。

 しかし、魔法・罠除去を考えなければ単純に《収縮》《禁じられた聖槍》でも似たような事はできる。
 《奈落の落とし穴》を回避するなど、あちらにしかできない点があるのも事実である。
 魔法・罠除去にしても、伏せカード狙いでは攻撃が通ってもその伏せカードは大して重要な役割を持っていない事が多い。
 永続魔法永続罠狙いでも、除去が既に間に合わない事もある。
 貫通だけを目当てにしても必ずフォトンモンスターが必要になる点が足を引っ張り、結局それぞれに特化したカードと比較すると中途半端な点は否めない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:フィールド上の魔法・罠カード破壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(12/10/13)


Tag: 《フォトン・トライデント》 魔法 速攻魔法 フォトン

広告