《ブラック・サンダー/Black Thunder》

通常罠
自分フィールド上に存在する「BF」と名のついたモンスターが
戦闘によって破壊され墓地へ送られた時に発動する事ができる。
相手フィールド上に存在するカード1枚につき、
相手ライフに400ポイントダメージを与える。

 THE SHINING DARKNESSで登場した通常罠
 BF戦闘破壊された時に、相手フィールド上のカードの数×400ダメージを与える事ができる。

 発動タイミングが制限されており、気軽に使えるカードではない。
 カードが3枚以上ないと《蜃気楼の筒》にさえ劣り、BFには戦闘破壊と併用できるカードもない。
 モンスターを複数並べてのラッシュはデュエルの決着としてままあるが、最近では伏せ除去の上で行われることが多くそれらには無力である。

 ただ、ダメージステップでの発動であるためチェーンでは妨害されにくい。
 ダメージ効率はそこそこ良いので、ややオーバーキル気味になるが自爆特攻から引導火力として活用することも可能。

 《ブラック・ガーデン》相手フィールドトークンを大量展開しておけば大きなダメージが見込める。
 こちらの攻撃力が下がるため自爆特攻しやすく、展開されたトークン特殊召喚効果破壊すれば無駄なく使える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ブラック・サンダー》 通常罠

広告