《ブリザード・プリンセス/Blizzard Princess》

効果モンスター
星8/水属性/魔法使い族/攻2800/守2100
このカードは魔法使い族モンスター1体をリリースして
表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。
このカードが召喚に成功したターン、相手は魔法・罠カードを発動する事ができない。

 遊戯王GX 第7巻 付属カードで登場した水属性魔法使い族最上級モンスター
 アドバンス召喚に必要なリリースを軽減する召喚ルール効果を持ち、自身が召喚に成功したターン中だけ《大寒波》に似たルール効果適用させる。

 魔法使い族モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できるモンスターとしては破格の攻撃力を持つ。
 《見習い魔術師》《墓守の偵察者》を利用すればリリース確保がしやすい。
 《ジェスター・コンフィ》《THE トリッキー》はもちろん、《太陽の神官》も条件が揃っていればすぐにアドバンス召喚につなげられる。
 《アーカナイト・マジシャン》等のために《音楽家の帝王》《カオス・ウィザード》《簡易融合》で利用している場合はそれらをリリースするのも良い。
 効果使用後の《アーカナイト・マジシャン》自体も有力なリリース候補となるだろう。
 召喚条件等の制限もなく、《トレード・イン》に対応しているのも強み。
 さらに効果の条件は召喚に成功した時であるため、《スター・ブラスト》《死皇帝の陵墓》でも効果を有効利用することができる。

 召喚に成功したターン相手魔法・罠カード発動を封じるため、《奈落の落とし穴》等を気にせず召喚できる。
 ただし《神の宣告》等で、このカード召喚自体を無効にされる可能性はある。
 それでも、効果のおかげで《激流葬》《強制脱出装置》を恐れずに展開でき、攻撃も比較的安全に通すことができる。
 魔法・罠カード発動制限は相手のみに掛かるため《マジシャンズ・サークル》《ディメンション・マジック》による追撃も通しやすい。
 レベル8の魔法使い族なので、《拡散する波動》と併用することでモンスター効果も気にせずに相手モンスターを一掃できる。
 このカードフィールド離れた場合でも魔法・罠カード発動を封じる効果適用されたままなので、このカードリリースして《ディメンション・マジック》でさらに追撃する場合も魔法・罠カード発動される心配はない。
 当然ながら《オネスト》等にはこのカード1枚では対応できないが、召喚ターンの立ち回り次第では状況を逆転することができる十分なポテンシャルを持っている。

 特殊召喚に制限はないが、効果適用されるのは召喚された場合のみである。
 反転召喚時や《ディメンション・マジック》等で特殊召喚された場合には、当然適用されない。
 よって、効果の性質上《創世の預言者》との相性は良い。
 《創世の預言者》魔法使い族であるため、召喚権が残っていればサルベージから即座に召喚できる。
 魔法使い族には墓地から特殊召喚のできない《氷の女王》も存在するので、使い分けもできるだろう。

 《大寒波》とは異なり、相手ターンまでは拘束できないため、返しでの反撃には注意が必要となる。
 召喚ターン内にはエンドサイク等で邪魔されず安全にセットできる点を利用して守りを固めておけばいいだろう。
 《連撃の帝王》相手ターン召喚することでこちらからのエンドサイクを通しやすくするということも考えられる。

 ただし、次ターン以降はバニラ同然になるので過信は禁物。
 効果ボード・アドバンテージを稼げるわけではないので、後続の手がなければジリ貧になる可能性もある。
 また、既に発動しているカードの効果を封じられるわけでもないのでロック脱出には適さない。
 ステータスの高さや召喚のしやすさは劣勢でも十分頼れるが、このカードの真価は攻めに回ってこそだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:アドバンス召喚に必要なリリースを軽減する効果と自身が召喚に成功したターン魔法・罠カード発動を封じる効果は、種別のない効果召喚ルール効果ルール効果)になります。(10/04/30)

Q:裏側表示魔法使い族1体をリリースして、このカード表側攻撃表示アドバンス召喚することができますか?
A:はい、できます。(10/04/30)

Q:《DNA改造手術》魔法使い族を指定した場合、元々が魔法使い族でないモンスターを1体だけリリースし、このカード召喚できますか?
A:はい、できます。(10/04/30)

Q:このカード召喚時に《奈落の落とし穴》等を発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/04/30)

Q:このカード召喚時に、召喚無効にする《神の宣告》発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/04/30)

Q:このカード召喚時に、魔法・罠カードを封じる効果に対して《天罰》発動できますか?
A:いいえ、この効果チェーンブロックを作らないので発動できません。(10/04/30)

Q:このカード召喚され、魔法・罠カードを封じる効果適用された後にこのカードフィールド上に存在しなくなった場合、このターン魔法・罠カードを封じる効力もなくなりますか?
A:いいえ、その場合でも効果適用されたままになり魔法・罠カード発動する事はできません。(10/05/15)

Q:このカード召喚され、魔法・罠カードを封じる効果適用された後にこのカード《エフェクト・ヴェーラー》効果使用しました。
  この場合、このターン魔法・罠カードを封じる効力もなくなりますか?
A:いいえ、その場合でも効果適用されたままになり魔法・罠カード発動する事はできません。(10/05/21)

Q:《スキルドレイン》が存在している場合、このカード召喚に成功した時に魔法・罠カード発動を封じる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/04/30)

Q:《スキルドレイン》が存在している時にこのカード召喚に成功した後、そのターンに《スキルドレイン》フィールドを離れた場合、魔法・罠カード発動を封じる効果適用されるようになりますか?
A:いいえ、その場合でも適用されないままになります。(10/05/04)

Q:《血の代償》を使用してこのカード召喚する場合、魔法使い族であればリリースは1体だけでいいですか?
A:はい、その場合でも魔法使い族1体をリリースして召喚することが可能です。(10/04/30)

Q:《血の代償》によって相手ターン召喚する場合、相手魔法・罠カード発動を封じる効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(10/04/30)

Q:相手フィールド上に既に表側表示永続魔法永続罠等が存在している場合、相手はその効果発動することができますか?
A:はい、既に表側表示で存在している永続魔法永続罠等の効果の発動を行うことは可能です。(10/04/30)


Tag: 《ブリザード・プリンセス》 効果モンスター モンスター 星8 水属性 魔法使い族 攻2800 守2100

広告