《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン/Blue-Eyes Toon Dragon》

特殊召喚・トゥーン・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
自分フィールドのモンスター2体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):このカードの攻撃宣言の際に、自分は500LPを払わなければならない。
(3):相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
存在する場合、トゥーンモンスターを攻撃対象にしなければならない。
(4):フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した光属性ドラゴン族特殊召喚トゥーンモンスター
 トゥーン化した《青眼の白龍》であり、トゥーンモンスターの中で《トゥーン・アンティーク・ギアゴーレム》と共に最高の攻撃力を持つ。

 《トゥーン・ドラゴン・エッガー》のほぼ上位互換ではあるものの、トゥーンモンスター特有のデメリットにより非常に扱いにくい。
 2体のリリース自体はアドバンス召喚に使えないトークンなどでも良いため、さほど難しくはないが、特殊召喚ターン攻撃できないため攻撃できないまま除去されリリースの払い損になるリスクが高い。
 【トゥーン】でも基本的にリリース1体で出せる《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》などが優先される。
 《トゥーン・マスク》特殊召喚する場合は同レベル・同攻撃力《トゥーン・アンティーク・ギアゴーレム》の方が他の効果を持つ分、有用である。

 悲しいことにこのカードの最も実用的な使い方はデッキ圧縮要員であるという意見が強い。
 《トゥーンのもくじ》の連続発動後の最終サーチ先になり、《トレード・イン》で損失なしの手札交換ができる。
 《トゥーン・アンティーク・ギアゴーレム》も同様のことが可能だが、こちらはステータスの関係上《ドラゴン・目覚めの旋律》サーチにも対応している。
 主に【図書館エクゾ】で投入されるギミックで、《王立魔法図書館》フィールドに存在すれば、更なるドローも期待でき、相性は良い。

 それでも《トゥーン・キングダム》の登場により、最上級モンスターとしては場持ちは比較的良い方となった。
 アタッカーとして使用するなら《スケープ・ゴート》《ダンディライオン》《幻銃士》等それ1枚でリリースを確保し消費を減らしたい。
 《ドラゴン・目覚めの旋律》にも対応するため手札に呼び込む事は容易で、《トゥーンのもくじ》《トゥーン・キングダム》の方に割り当てられる。
 余った方を《トレード・イン》コストとし、《トーチ・ゴーレム》も採用し《トレード・イン》コストリリースの確保に充てるのも良い。
 無理に1ターンキルを狙いに行くよりも、3000の攻撃力《トゥーン・キングダム》耐性を活かしてフィールドを制圧していきたい。
 《巨神竜の遺跡》に対応するため、こちらで居座る手助けをしてやりたい。

  • 攻撃されれば目玉が飛び出すほど驚き、生け贄にされるとハンカチを取り出して別れを惜しむなど、元々の《青眼の白龍》からは想像もつかないほどコミカルかつ表情豊かなモンスター
    ペガサスは「愛らしい姿」と評しているが、海馬は「惨めな姿」と呼び大いに嫌っている。
    なお、海馬にその姿を酷評されると涙を流して泣いていた。
  • アニメZEXALII(セカンド)92話では、学園祭で遊馬達のクラスが開いた喫茶店「MonsterCafe」の壁に装飾として飾られていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「トゥーンの世界に取り込まれてしまったブルーアイズ・ホワイトドラゴン」と書かれている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》 特殊召喚モンスター トゥーンモンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ブルーアイズ トゥーン

広告