《ブレイズ・キャノン・マガジン/Blaze Accelerator Reload》

永続罠
「ブレイズ・キャノン・マガジン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、魔法&罠ゾーンに存在する限り
「ブレイズ・キャノン−トライデント」として扱う。
(2):自分及び相手メインフェイズにこの効果を発動できる。
手札の「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送り、
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):自分及び相手メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ヴォルカニック」カード1枚を墓地へ送る。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した永続罠
 カード名《ブレイズ・キャノン−トライデント》として扱う効果1ターンに1度手札交換を行う効果、自身を墓地から除外することでデッキからヴォルカニック墓地へ送る効果を持つ。

 ブレイズ・キャノンの名が付くため、《ヴォルカニック・ロケット》によるサーチサルベージに対応しており、《クレイジー・ファイヤー》発動条件を満たすこともできる。
 《ブレイズ・キャノン》と比較すると罠カード故に即効性に欠けるが、相手ターンでも発動でき墓地肥やしの性能も高い。
 一方で手札コスト要員としては《召喚僧サモンプリースト》等、対応できるカードに差が生じるのでデッキ構築に合わせた採用をしたい。

 (1)の《ブレイズ・キャノン−トライデント》として扱う効果により、《ヴォルカニック・デビル》をこのカード1枚の消費で特殊召喚できる。
 タイムラグこそあれど《ブレイズ・キャノン》《ブレイズ・キャノン−トライデント》を経由するよりもカードの消費が少なく済む。
 もっとも、サーチ手段に乏しい最上級モンスターの投入は事故要因になりやすい。
 《ヴォルカニック・デビル》を主軸にするのでなければ、基本的には(2)と(3)の効果をメインに活用したい。

 (2)の手札交換や(3)の墓地肥やし効果は、《ヴォルカニック・バレット》《ヴォルカニック・カウンター》等のヴォルカニックとの相性が良い。
 特に《ヴォルカニック・バックショット》メインフェイズ限定だが全体除去効果相手ターンでも使用可能になる。
 《鳳翼の爆風》等の手札コストや、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》等でデッキから墓地へ送り、直接(3)の効果を使用できるようにしておくのも良いだろう。

 【ヴォルカニック・バーン】等では柔軟な動きが可能となるサポートカードと言える。
 しかし、サーチから発動する場合は確実に狙いを読まれてしまい、《ブレイズ・キャノン》同様除去に晒されやすい。
 この点は(3)の効果が保険となるため一概にデメリットとはなりにくいが、除外後は《ヴォルカニック・ロケット》サルベージできなくなる。
 罠カード除外からの再利用が難しいため、理由がない限り複数枚投入しておきたい。
 除外からの再利用を狙うのであれば《PSYフレームロード・Ω》を使うと良い。
 《炎帝近衛兵》《貪欲な壺》《ダイガスタ・エメラル》等で《ヴォルカニック・バックショット》《ヴォルカニック・バレット》を何度も回収できれば理想的である。

  • 「マガジン(Magazine)」は一般的には雑誌という意味だが、補充用の銃弾を収めておく「弾倉」の意味もある。
    銃弾撃って新たな弾丸補充するということだろうか。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:セットされたこのカード表側表示にすると同時に、(2)の効果発動できますか?
A:はい、できます。(14/11/15)

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在する時に(2)の効果手札ヴォルカニックカード墓地へ送る代わりに除外された場合、ドローする処理は行われますか?
A:いいえ、行われません。(14/11/14)


Tag: 《ブレイズ・キャノン・マガジン》 永続罠 ブレイズ・キャノン

広告