《ブローバック・ドラゴン/Blowback Dragon》

効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2300/守1200
コイントスを3回行う。その内2回以上が表だった場合、
相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。

 天空の聖域で登場した闇属性機械族上級モンスター
 相手フィールド上のカード破壊する起動効果を持つ。
 《リボルバー・ドラゴン》下位種であり、《ガトリング・ドラゴン》融合素材

 デメリット無く、半分の確率相手カード破壊できる効果は強力。
 更に、《リボルバー・ドラゴン》と違い魔法・罠カード除去できるため、永続魔法永続罠を多用するデッキの対策もしやすい。
 効果発動時には破壊が確定していないため、《我が身を盾に》《スターダスト・ドラゴン》効果チェーン発動できないのも優秀。
 《機甲部隊の最前線》特殊召喚しやすく、《可変機獣 ガンナードラゴン》からも特殊召喚が可能。

 しかし上級モンスターとしては攻撃力がやや低く、現環境での戦闘では力不足。
 エクシーズ召喚が比較的容易な《No.39 希望皇ホープ》などのエクシーズモンスターに簡単に戦闘で破壊されてしまう。
 長くフィールドに残れば、それだけ複数のカード破壊できるモンスターなので、何らかのサポートをしていきたい。

 《リボルバー・ドラゴン》融合すれば《ガトリング・ドラゴン》となる。
 《リボルバー・ドラゴン》とは《機甲部隊の最前線》を共有でき、墓地に揃えるのは難しくない。
 《オーバーロード・フュージョン》《フュージョン・ゲート》除外し、《闇次元の解放》帰還させれば、2体のモンスター攻撃効果で大打撃を与えられる。
 あるいは、安定性はやや落ちてしまうものの、《パワー・ボンド》《融合》から《融合解除》に繋げていくのも良い。

 【侍BOX】では切り札として働く。
 《セカンド・チャンス》効果の失敗確率を1/4にできる上、《モンスターBOX》によって半分の確率で戦闘破壊を免れることができる。
 墓地に落ちても《オーバーロード・フュージョン》《ガトリング・ドラゴン》にできるため無駄もない。

  • 「ブローバック」とは、自動式拳銃(オートマチック)のスライドが発砲の反動で後退し、排莢と次弾装填を行う動作のこと。
    カードのイラストをよく見てみると、頭部が自動式拳銃の形をしている。
    リボルバー」が回転式拳銃なので、対としたのだろう。
    そのためなのか、海外版では銃口からレーザー光らしき光が出ているイラストへと変更されている。

関連カード

収録パック等

広告