《ブロック・ゴーレム/Block Golem》

効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻1000/守1500
(1):自分の墓地のモンスターが地属性のみの場合、このカードをリリースし、
「ブロック・ゴーレム」以外の自分の墓地のレベル4以下の岩石族モンスター2体を対象として発動できる。
その岩石族モンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、フィールドで発動する効果を発動できない。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した地属性岩石族下級モンスター
 墓地地属性のみの場合に同名カード以外の岩石族下級モンスター2体を蘇生させる起動効果を持つ。

 種族属性縛りがある分、蘇生したモンスターの制限は「1ターンのみ効果発動不可」と非常に緩い。
 攻撃宣言表示形式の制限も無いため、エクシーズ召喚に限らずモンスター2体を特殊召喚するカードとしても問題なく運用できる。

 難点は発動条件の関係からデッキ構築が大きく制限される点。
 《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》を組み込めず、相手へのメタとして働けるカード魔法・罠カードに頼らざるを得ない。
 また、エクシーズ召喚に繋げやすいにも関わらず、《鳥銃士カステル》《励輝士 ヴェルズビュート》を採用できないのは厳しい。
 エクストラデッキに行くペンデュラムモンスターならば阻害しにくいので、汎用性の高い《エキセントリック・デーモン》等は採用できる。

 とはいえ、地属性であれば他の種族モンスター墓地にいても蘇生効果は阻害されない。
 幸いドローソースとなる《カードカー・D》《増殖するG》を始め、《速攻のかかし》《工作列車シグナル・レッド》など、汎用的な手札誘発も複数採用できる。
 エクシーズモンスター相手の行動を妨害できる《フレシアの蟲惑魔》《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》を採用できるのは大きい。
 後者はRUMとの併用で《CNo.106 溶岩掌ジャイアント・ハンド・レッド》に繋げられ、より主戦力を確保しやすくなる。
 他にも連続攻撃できる《カチコチドラゴン》《ガガガザムライ》除去効果を持つ《恐牙狼 ダイヤウルフ》等、極端に選択肢に困るということはないだろう。
 ランク3以下ではランク4ほど層は厚くないが、《銀嶺の巨神》《ガチガチガンテツ》といったカードで候補を絞れる。

 その条件から地属性で統一され、かつ岩石族中心のデッキでの採用となる。
 【岩石族】はもちろん、ランク4のエクシーズ召喚に長けている【ゴゴゴ】等に投入しやすい。
 魔法・罠カードモンスター効果メタを持ち、且つリクルーター地属性である【コアキメイル】でも有効に活用できる。
 【ナチュル】でも《ナチュル・ロック》《ナチュル・クリフ》蘇生に繋げられる。

 蘇生する効果を活かすために、序盤での墓地肥やしは重要となる。
 《マスマティシャン》《岩投げエリア》の他、《レスキューラビット》などのリクルーターで迅速に発動条件を整えたい。
 《ブリリアント・フュージョン》ならばジェムナイトを含む蘇生可能な岩石族モンスター2体を墓地へ送ることで即座に準備が整う。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象に選択したモンスター内1体が墓地に存在しなくなった場合、残りの1体は特殊召喚されますか?
A:はい、特殊召喚されます。(12/04/14)

Q:《コアキメイル・サンドマン》等の自身をリリースして発動する起動効果を、このカード特殊召喚したターン発動する事はできますか?
A:いいえ、発動フィールド上で行われるためできません。(12/04/14)


Tag: 《ブロック・ゴーレム》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 岩石族 攻1000 守1500

広告