《ブロック・スパイダー/Block Spider》

効果モンスター
星1/地属性/昆虫族/攻   0/守 100
「ブロック・スパイダー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の昆虫族モンスターを攻撃対象にできない。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ブロック・スパイダー」1体を特殊召喚する。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 他の昆虫族モンスターへの攻撃を制限する永続効果特殊召喚に成功した時にデッキから同名カード特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 (1)の効果昆虫族への攻撃を封じる効果
 自身も昆虫族であるため、《切り込み隊長》のように2体を並べることで、相手攻撃ロックできる。
 他の昆虫族戦闘から守れるが、ステータスが低く、使い切りで昆虫族を守るだけならば《砂漠の守護者》も存在する。
 (2)の効果と併用し、ロックを狙っていく用途で運用するのが基本となるだろう。

 (2)の効果デッキからの同名カードリクルート
 (1)の効果とはシナジーがあり、特殊召喚に成功するだけで同名カードを展開できるため、ロックが完成する。
 何らかの手段で特殊召喚に成功しなければ効果の発動はできないが、低ステータス且つその種族属性から特殊召喚手段は非常に豊富。
 《共鳴虫》戦闘破壊されるだけでロックが完成し、後続の攻撃を防いでくれる。

 ただし、攻撃を防ぐだけでは勝利には繋がらず、効果耐性もないため除去によってすぐにロックが瓦解してしまう事も多く、過信は禁物。
 基本的には一時の時間稼ぎとして運用し、状況に応じてシンクロ素材エクシーズ素材リンク素材にしていくこととなる。
 このカード2体だけでも、地属性なので《ミセス・レディエント》《エクスクローラー・シナプシス》昆虫族なので《エクスクローラー・ニューロゴス》に対応しているため、リンク素材としての使い勝手は良い。
 また、《金華猫》とも相性が良く、墓地のこのカード蘇生すれば、素材3体のランクエクシーズモンスターリンク3のリンクモンスターへ繋げる事が可能となる。

 【昆虫族】ならば墓地に落ちた後も《デビルドーザー》《ライヤー・ワイヤー》コストとして無駄なく有効活用できる。
 また、同名カード特殊召喚デッキからのみであるため、手札に来てしまうと腐る可能性が高い。
 余裕があればデッキに戻す手段も用意しておけるとよいだろう。

  • アニメでは(2)の効果がなく、OCG化の際に強化されており、アニメでクズカードと評されたのとは違いなかなかの性能を誇っている。

関連カード

―蜘蛛をモチーフとするカードの一覧は《蜘蛛男》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/07/19)


Tag: 《ブロック・スパイダー》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 昆虫族 攻0 守100

広告