《ブロックマン/Blockman》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1000/守1500
(1):このカードをリリースして発動できる。
このカードが自分フィールドに表側表示で存在した自分ターンの数と同じ数だけ、
自分フィールドに「ブロックトークン」(岩石族・地・星4・攻1000/守1500)を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは攻撃宣言できない。

 DUEL DISKで登場した地属性岩石族下級モンスター
 自身をリリースする事でブロックトークンを生成する起動効果を持つ。

 守った分だけトークンを増やすことができるが、環境の高速化が進む中で耐性のないこのカードを数ターン維持するのは難しい。
 一応カウントはフィールドに出たターンから数え始めるため、召喚してすぐに効果を使うことは可能。
 速効性の観点から自身と引き換えにトークン1体を生成できるモンスターとしてなら運用しやすい。

 とは言え同じ召喚権を使うならばリリースせずにトークンを生成できる《幻獣機テザーウルフ》《幻銃士》が存在する。
 《ワンタイム・パスコード》なら召喚権を必要とせずレベル4のトークンを出せる。
 地属性という観点からナチュルシンクロモンスターシンクロ素材に使えるが、1体しか生成できないならそもそもこのカードシンクロ素材にすれば良い。
 墓地に置いておくことで蘇生からトークンを繰り返し生成することもできるがそこまでする必要があるかは疑問である。

  • イラストで見る限り、このモンスターの体を構成するブロックはおもちゃのブロックである。
    ブロックの素材はプラスチックで、岩石に関わる点はないのに岩石族に設定されている。
    プラスチックの原料は主に石油なので間違ってはないのかも知れないが奇妙に思える点である。
  • 原作では「召喚してから経過したターン数にパーツが分解する」と書かれていた。
    アニメでは「経過したターンの数だけ自身を生け贄召喚に必要な生け贄にできる」効果に変更されている。
    また、イラストはより玩具風のものになっていた。
  • アニメARC-Vの「遊矢vs素良」(1戦目)で素良が使用した通常魔法《トイ・パレード》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ブロックマン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻1000 守1500

広告