《ブンボーグ001(ゼロゼロワン)/Deskbot 001》

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの機械族モンスターの数×500アップする。
(2):このカードが墓地に存在し、
フィールドに機械族モンスターが2体以上同時に特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した地属性機械族下級モンスターチューナー
 自分フィールド機械族を参照して自己強化する永続効果と、機械族が同時に2体以上特殊召喚された場合に自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)の自己強化により、攻撃力は最低でも1000ポイント、最大で4000となる。
 基本的にはシンクロ素材としての利用が多くなるであろうカードだが、総攻撃時の攻撃力を底上げできるのは心強い。
 ただし、このカード自身も機械族の1体に数える効果の性質上《機械複製術》に対応していない。

 (2)の自己再生条件は「複数の機械族を同時に特殊召喚」とやや厳しい。
 テーマデッキで見ると、《幻獣機ドラゴサック》等で幻獣機トークンを2体特殊召喚できる【幻獣機】《ギミック・パペット−死の木馬》を利用できる【ギミック・パペット】《ギアギアギア》を利用できる【ギアギア】では発動条件を満たせる。
 その他の【機械族】でも《機械複製術》《地獄の暴走召喚》《レスキューラビット》《ソウル・チャージ》等を用いることで自己再生が可能となる。
 《DNA改造手術》機械族を指定することで《ダンディライオン》等も利用できるが、そこまでして狙う価値があるかは微妙な所。
 ブンボーグにはペンデュラムモンスターが4種類存在するため、ペンデュラム召喚に頼るのも手だろう。
 デッキの大半を機械族ペンデュラムモンスターが占める【ダイナミスト】でも、継続的にペンデュラム召喚できる布陣を作ることで使い減りしない優秀なチューナーとして利用できる。
 《トライワイトゾーン》機械族通常モンスターを2体以上出し、その時に自己再生させるのも手。

 自己再生に成功すると最低でも3体の機械族が並び、このカード攻撃力は2000以上となる。
 フィールドの状況にもよるが、展開したモンスターで総攻撃を仕掛け、メインフェイズ2でシンクロ召喚に繋げるのが良いだろう。
 例えば、《レスキューラビット》から《メカ・ハンター》2体をリクルートすれば、手札消費1枚から総攻撃力5700を叩き出せ、攻撃後も《氷結界の龍 トリシューラ》シンクロ召喚できる。

 ブンボーグ内では特に《ブンボーグ003》と相性が良く、あちらの効果でこのカードリクルートしつつ、強化効果を重ねる事で攻撃力2500という上級モンスタークラスになり、さらに《ブンボーグ・ベース》を加えれば《青眼の白龍》さえも凌駕する攻撃力を獲得できる。
 《ブンボーグ003》とこのカードレベルシンクロモンスターを出すこともできるため、状況に応じて使い分けたい。

  • モチーフは「筆記」用の文房具。
    鉛筆とシャープペンシルの替え芯をそれぞれ剣と銃に見立てている他、胸部には鉛筆削り器らしき穴が確認できる。

関連カード

―《ブンボーグ001》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/04/19)

Q:《DNA改造手術》効果機械族を選択し、《高等紋章術》紋章獣2体を特殊召喚した後、ランクエクシーズモンスターエクシーズ召喚しました。
 この時、自分の墓地の《ブンボーグ001》は自身の効果特殊召喚できますか?
A:一連の効果処理後に《ブンボーグ001》の効果発動する事ができます。(14/05/11)


Tag: 《ブンボーグ001》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 地属性 機械族 攻500 守500 ブンボーグ

広告