《ブンボーグ004(ゼロゼロフォー)/Deskbot 004》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
デッキから「ブンボーグ004」以外の「ブンボーグ」モンスター1体を墓地へ送り、
このカードの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ、
墓地へ送ったそのモンスターのレベル×500アップする。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは0になる。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。
自分の手札・墓地からレベルの異なる
「ブンボーグ」モンスター2体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した地属性機械族下級モンスター
 戦闘時にデッキブンボーグ墓地へ送る事で自身を強化する誘発即時効果モンスター戦闘破壊した場合にブンボーグ2体を手札墓地から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)の効果戦闘ダメージを与えられなくなる代わりにブンボーグ墓地肥やし自己強化を行う効果
 最大攻撃力は、《ブンボーグ009》墓地へ送った場合の5000となる。
 《ブンボーグ003》からリクルートしつつ単体強化を合わせれば攻撃力6000まで対処が可能になる。
 ただしデメリット戦闘ダメージを与えられないので、自己強化後は(2)の効果に繋げるのが基本となるだろう。

 (2)の効果墓地手札からのブンボーグの展開。
 (1)の効果ブンボーグ墓地へ送っておけばこの効果による蘇生が可能。
 《ブンボーグ002》による強化サーチ《ブンボーグ001》シンクロ召喚に繋げたい。
 特に蘇生した《ブンボーグ002》から《ブンボーグ003》サーチすれば次のターンも同じ流れが作れる。
 またこの効果は(1)と違い同名カードの制限がないため気軽にランク4のエクシーズ召喚ができる他、表示形式を変更できればさらにブンボーグを展開できる。
 表示形式を変更しない限り追撃はできないものの、他のブンボーグがいて(1)の効果を使っていなければ《ブンボーグ003》効果強化して戦闘ダメージの増大を狙うこともできる。

関連カード

―《ブンボーグ004》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ブンボーグ004》 モンスター 星4 地属性 機械族 効果モンスター 攻500 守500 ブンボーグ

広告