《ブンボーグ009(ゼロゼロナイン)/Deskbot 009》

効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズ1に発動できる。
このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで、「ブンボーグ009」以外の
自分フィールドの「ブンボーグ」モンスターの攻撃力の合計分アップする。
この効果を発動するターン、このカードしか攻撃できない。
(2):このカードが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドの「ブンボーグ」カード1枚を破壊できる。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した地属性機械族最上級モンスター
 自己強化を行う起動効果戦闘カードの発動を封じる永続効果破壊される代わりに他のブンボーグ破壊する永続効果を持つ。

 (1)の効果同名カード以外の自分フィールドブンボーグモンスター攻撃力を自身に集約する効果
 ブンボーグモンスターはいずれも低ステータスだが強化効果を備えており、それらをフル活用した上で発動すれば脅威的な攻撃力を得られる。
 特に全体強化効果を持つ《ブンボーグ002》自己強化効果を持つ《ブンボーグ001》等を複数並べれば殆どのモンスター戦闘破壊できるだけの攻撃力になる。
 強化する前に《財宝への隠し通路》を使うと直接攻撃となり更に1ターンキルの精度が高まる。

 しかし発動後は自身以外の攻撃を封じてしまうので、相手フィールドモンスターが複数存在する場合は展開したブンボーグ戦闘破壊した方がアドバンテージ面で有効な事も多い。
 このカードアタッカーとして運用する場合、攻撃力を一点に集中できる事を利用して戦闘ダメージによる1ターンキルを狙うことになる。
 また、ブンボーグペンデュラムモンスター同様守備力は上昇しないため、表示形式変更に弱い。

 (2)の効果《ジェムナイト・マディラ》等と同様の封殺効果
 ブンボーグの弱点である《魔法の筒》《聖なるバリア −ミラーフォース−》等に強く、このカードによる1ターンキルを補佐できる。
 (1)の効果も合わせれば《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》をも真っ向から殴り倒せる。

 (3)はブンボーグ破壊身代わりにする効果
 (1)の自己強化相手ターンまで持続するため戦闘破壊される事は滅多にないが、効果破壊にも対応するため場持ちがいい。
 身代わりにできるのはモンスターに限らないため、ペンデュラムゾーン《ブンボーグ005》等を破壊身代わりにもできる。

 難点としては他のブンボーグ上級モンスターと異なりペンデュラムモンスターではないため、手札に来ると利用手段が乏しい点か。
 ただその場合もペンデュラムスケール10を持つ《ブンボーグ005》《ブンボーグ007》があればペンデュラム召喚できるので、ブンボーグ特化なら問題は少ない。
 総じてブンボーグの中でも、柔軟性と引き換えに攻めに特化したフィニッシャー向けのモンスターと言える。

関連カード

戦闘時に相手効果発動を封じる効果を持つカード《ジェムナイト・マディラ》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ブンボーグ009》 モンスター 効果モンスター 星9 地属性 機械族 攻500 守500 ブンボーグ

広告