《プランキッズ・ドゥードゥル》

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/雷族/攻2000
【リンクマーカー:左/下】
「プランキッズ」モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「プランキッズ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードをリリースし、リンクモンスター以外の
自分の墓地の「プランキッズ」カード2枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードを手札に加える。

 デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズで登場した風属性雷族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にプランキッズ魔法・罠カード1枚をサーチできる誘発効果、自身をリリースしてリンクモンスター以外のプランキッズカード2種類をサルベージする起動効果を持つ。

 リンク素材プランキッズ2体。
 融合召喚できるカードがあれば《プランキッズ・ロケット》から蘇生効果を使用することで揃えられる。
 また、墓地が肥えてなくても《簡易融合》または《プランキッズ・プランク》プランキッズ下級モンスターの組み合わせで狙うことが可能。

 (1)はプランキッズ魔法・罠カードサーチ
 このカードリンク召喚した時点でプランキッズの共通効果で2体が揃うため《プランキッズの大暴走》サーチすれば即座にレベルプランキッズ融合召喚できる。
 (2)の効果も合わせれば《プランキッズ・ハウスバトラー》融合召喚可能。
 いずれの場合も1ターンに1度の制約もあって後続の共通効果発動できない場合もあるため、場合によっては相手ターン融合召喚することも視野に入れたい。

 (2)はプランキッズカードサルベージ
 《プランキッズ・ロケット》等と同じく、対象の確保自体は容易。
 リンクモンスター同名カード不可の制限はあるものの、リンク素材にした2体をそのままサルベージして、(1)でサーチした《プランキッズの大暴走》融合素材に利用できるのは強力。
 自身のリンクマーカー蘇生からでも使用できるため、フィールドから離れても再利用が可能。
 蘇生できない《プランキッズ・ハウスバトラー》を回収してもよいが、モンスターを回収するだけならば《プランキッズ・プランク》等でも足りてしまう。
 こちらはサルベージしたモンスター通常召喚したり、魔法・罠カードサルベージできるが一時的にボード・アドバンテージを失う点は留意したい。

  • ニワトリの様な姿のモンスターなので、名前のモチーフは英語圏の鶏(雄鶏)の鳴き声を表す「クックドゥードゥルドゥー(cock-a-doodle-doo)」という言葉からだろう。
    日本では「コケコッコー」などと記される事が多いが、国が違えば聞こえ方も表現も変わるもので、他にも多くの動物の鳴き声の表現の差異がある。
    なお、このカード雷族であって鳥獣族ではない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《プランキッズ・ドゥードゥル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 風属性 雷族 攻2000 プランキッズ

広告