《プリズンクインデーモン/Imprisoned Queen Archfiend》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2600/守1700
このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に
1000ライフポイントを払う。
フィールド上に「万魔殿−悪魔の巣窟−」が存在し、
このカードが墓地に存在する場合、
自分のスタンバイフェイズ毎にフィールド上に存在する
レベル4以下の悪魔族モンスター1体の攻撃力は
エンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 PHANTOM DARKNESSで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 維持コストを必要とする効果と、特定の条件下でレベル4以下の悪魔族モンスター1体の攻撃力エンドフェイズまで上昇させる誘発効果を持つ。
 攻撃力上昇の誘発効果強制発動対象をとる効果

 最上級モンスターとして最低限の攻撃力は備えているが、フィールドではなんら効果を持たないどころか大きな維持コストがかかる。
 《デーモンの雄叫び》等で突発的に蘇生する機会もあるだろうが、基本的に墓地においておく魔法・罠カードのような認識でよい。

 要である墓地発動効果は、《インフェルノクインデーモン》と似た、攻撃力強化
 デーモンだけでなく下級悪魔族すべてに広がり、さらに墓地発動するため、無効化も比較的されにくい。
 しかし自分スタンバイフェイズのみという制約が著しく使い勝手を悪くしており、強化すべきカードをそれまで維持しておく必要がある。

 単に遅いだけならまだいいが、この性質と強化対象も噛み合っていない。
 まず、《万魔殿−悪魔の巣窟−》が必要であり、あちらの性能が低いため、必然的に【デーモン】か、《デビルマゼラ》を軸としたデッキでなければ使用に耐えない。
 これらのデッキでは、相性の良い悪魔族下級モンスターのほとんどが、特別場持ちに優れる訳でもなく、むしろシンクロモンスターエクシーズモンスターの足がかりとする事のほうが多い。
 また、そういったモンスターが都合よく生存できたとして、強化が有効に活きる場面もあまりない。
 でも相手にしない限り、戦闘破壊されていないのならば、こちらの攻撃力が上回っているという事であり、戦闘ダメージが増える以外のメリットがない。
 《巨大化》等と併用しなければかなり扱いつらい。

 《くず鉄のかかし》等の防御と組み合わせるならば話は別だが、大抵は《禁じられた聖槍》《収縮》によるコンバットトリックを狙ったほうが効率的。
 戦闘破壊自体、《万魔殿−悪魔の巣窟−》《デスルークデーモン》の穴でもあるためなおさらである。

 表面上のカード・アドバンテージの損失はないが、このカード墓地へ送るものと、《万魔殿−悪魔の巣窟−》を要求している時点で負担は大きい。
 恒久的に火力が増強できるといっても結局自分ターンのみなので、下級モンスターから最上級モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターに繋いだほうが安定して戦える。
 1000という数値は強化としてはそれなりに大きいが、《堕落》等を使う【デーモン】なら《デーモンの斧》でも賄える。

 《トレード・イン》に対応し、《ヘル・エンプレス・デーモン》《ダーク・ネクロフィア》《デビルマゼラ》あたりとはこれを共有できるが、最上級モンスターが増える分強化対象も増え、結果的にどちらに寄せても安定しない。
 ピン挿し程度なら《終末の騎士》で使い分けられる事もあってあまり無理は生じないが、採用する旨みもあまりない。
 かつては《ヘル・エンプレス・デーモン》から蘇生できる最大攻撃力デーモンであったが、後に《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》が登場したためその座も退く事になった。

  • 「プリズン(Prison)」とは牢獄の事。
    よく見ると両手足が鎖のようなもので繋がれている。
    更に天井と壁の模様は白と黒のマス目になっており、チェスボードを連想させる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力をアップする効果の処理時に《万魔殿−悪魔の巣窟−》フィールド上に存在しなくなった、またはこのカード墓地に存在しなくなった場合、攻撃力がアップする効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/01/29)

Q:《万魔殿−悪魔の巣窟−》フィールド上に存在しています。
  このカード墓地に存在しています。
  この時、自分のターンスタンバイフェイズが終了し攻撃力上昇効果適用されました。
  《万魔殿−悪魔の巣窟−》フィールドから離れた場合、そのターン中このカード効果無効になりますか?
  また同様にこのカード墓地から離れた場合そのターン中このカード効果無効になりますか?
A:両方とも無効にはなりません。(09/01/26)

広告