《プリミティブ・バタフライ/Primitive Butterfly》

効果モンスター
星5/風属性/昆虫族/攻1200/守 900
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの全ての昆虫族モンスターのレベルを1つ上げる。

 Vジャンプ(2014年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した風属性昆虫族上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果と、自分フィールド昆虫族レベルを上昇させる起動効果を持つ。

 特殊召喚条件は《フォトン・スラッシャー》と同じものであり、《サイバー・ドラゴン》等よりも緩い。
 アタッカーとしての運用は不向きだが、自身も昆虫族のため効果によってレベル5または6と柔軟に扱える。
 《太陽風帆船》の様にターンを跨がなくても良いため、高レベルシンクロモンスターシンクロ素材として申し分ない。

 レベル上昇効果昆虫族全体に及ぶため、【昆虫族】ではより幅広いレベルシンクロ召喚が狙えるようになる。
 《インフェルニティ・ビートル》とならばレベル7〜9、《ナチュル・バタフライ》とならばレベル8〜10のシンクロ召喚を使い分けることが可能。
 《共鳴虫》《ドラゴンフライ》《孵化》によるリクルート《共振虫》によるサーチも容易であり、比較的フィールドに出しやすい。
 《地底のアラクネー》とはエクストラデッキの枠の問題もあるが、下手に種族統一に拘らなければこのカードの本領も発揮しやすい。
 また、特殊召喚しやすくレベル5とも6とも扱える特性から、《孵化》から上級モンスターリクルートにも活用しやすい。
 《究極変異態・インセクト女王》レベル7なので、【昆虫族】《孵化》による展開を狙うならばリリース要員としては最適だろう。

 一方で、エクシーズ召喚は同じレベルを揃える必要があり、自身の特性から2体同時に特殊召喚するのは不可能。
 特殊召喚しやすいレベル5の昆虫族も少ないため、ランク5やランク6のエクシーズ素材を揃える際は昆虫族に拘らないほうが良いだろう。
 ただし、《地獄の暴走召喚》とは相性が良く、このカードを3体揃えれば、素材3体までのランク5〜8のエクシーズ召喚を自由に行うことができる。

  • 「プリミティブ(primitive)」は英語で「原始の」「発達していない状態の」などを意味する形容詞である。
  • 漫画ではレベルを上げる効果は《プリミティブ・バタフライ》が2体以上存在する時に発動でき、全ての《プリミティブ・バタフライ》のレベルを《プリミティブ・バタフライ》の数だけ上げる効果だった。

関連カード

―同じ特殊召喚効果を持つモンスター《フォトン・スラッシャー》を参照の事。

収録パック等


Tag: 《プリミティブ・バタフライ》 効果モンスター モンスター 星5 風属性 昆虫族 攻1200 守900

広告