《プリン(たい)/Putrid Pudding Body Buddies》

効果モンスター
星1/水属性/悪魔族/攻 300/守 300
このカードは融合・S・X召喚の素材にできない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードはリリースできない。
(2):自分エンドフェイズに自分のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードのコントロールを相手に移す。
(3):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は300ダメージを受ける。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した水属性悪魔族下級モンスター
 融合素材シンクロ素材エクシーズ素材にできない効果外テキストリリースできない永続効果エンドフェイズペンデュラムゾーンカード破壊して相手送りつけられる誘発効果コントローラーダメージを与える誘発効果を持つ。

 自身の効果相手送りつける事で、相手モンスターゾーンを封じることができる。
 リリースできず、融合素材シンクロ素材エクシーズ素材に使えないため、フィールドからの離しづらさは《おジャマトリオ》を上回りダストンに匹敵する。
 ただ、(2)の効果相手も使えるので、相手ペンデュラムモンスターを投入するデッキの場合は送り返されてしまう可能性が高い。
 《魔力の泉》ペンデュラムモンスター破壊を防いだり、《魔封じの芳香》発動を阻害したりといった手もあるが、一時しのぎに過ぎない。
 ペンデュラムモンスターを用いないデッキの場合は除去方法がかなり限られており、デッキによって有効度が大きく変化するカードと言える。

 カードの性質上、《おジャマトリオ》ダストンと同様に【コスモロック】等のロックデッキで使用されることになる。
 ただし、《おジャマトリオ》と異なり封鎖できるモンスターゾーンは1つだけであり、相手ペンデュラムモンスター破壊することで返却されるので安定性は低い。
 また、効果を活かすにはペンデュラムモンスターコントロール転移カードが必要であり、相性の良いロックデッキは限られる。

  • イラストには洋菓子の「プリン」のモンスターが徒党を組む姿が描かれている。
    一方カード名の由来は、食品に含まれる塩基性物質「プリン塩基」の総称である「プリン体」だろう。
    「プリン体」は旨味成分であり体内ではDNA合成に使用される一方で、過剰摂取が痛風等の病気の原因になる有害な側面もある。
    現代ではコレステロールなどと共に「できるだけ摂取したくない邪魔者」としてのイメージが強く、フィールドから離しづらく邪魔をする効果はこのイメージから来たと考えられる。
  • イラストは「プリンが隊列を組んでいる」ので「プリン隊」、効果の性質は「プリン体」という、なかなかシャレの効いたカードである。
    なお、食べ物としての「プリン」という言葉は英語の「pudding」が日本語化されたものであり、プリン体の「プリン(purine)」とは由来が全く異なる。
  • 英語名は前半と後半でそれぞれ韻を踏んだ単語で構成されている。
    「Putrid」は「腐った」、「Buddies(単数形はBuddy)」は「相棒」を意味する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:機械族になっている時、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》特殊召喚するために墓地に送ることができますか?
A:はい、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》特殊召喚融合召喚ではないため、融合素材として墓地に送ることができます。(17/03/08)


Tag: 《プリン隊》 モンスター 星1 水属性 悪魔族 効果モンスター 攻300 守300 融合素材にできない シンクロ素材にできない エクシーズ素材にできない

広告