《プレゼント交換(こうかん)

通常魔法
(1):お互いのプレイヤーは、
それぞれ自分のデッキからカード1枚を選んで裏側表示で除外する。
このターンのエンドフェイズに、
お互いはそれぞれ相手となるプレイヤーが除外したそのカードを自分の手札に加える。

 ジャンプフェスタ2015 プロモーションカードで登場した通常魔法
 お互いデッキカード1枚を裏側表示除外し、そのターンエンドフェイズにそのカードを元々のコントローラーから見た相手手札加える効果を持つ。

 相手がわざわざこちらの役に立つカードを選ぶとは思えないので、手に入るカードに期待はできない。
 こちらから暗黒界魔轟神等を渡した後に手札捨てさせ、それらの効果発動するのが実用的な使い方か。
 (なお、相手によって捨てられた場合の効果発動できない)。
 捨てさせる手段は何でも良いが、手札に加わるタイミングを考えると《マインドクラッシュ》がやりやすいだろう。
 ただ、コンボが前提となるのでこのカード自身が腐りやすく捨てさせた時の効果アドバンテージを取らないと損をしてしまうので使いにくさは否めない。
 ほか、捨てられた時に発動する効果がなくても、単純に2枚目以降の《おろかな埋葬》としての運用も可能だが、《おろかな埋葬》は類似の効果を持つカードが多く、手間に見合っているとは言いがたい。

 他の利用法としては、このカード相手に渡したカード《エクスチェンジ》で取り戻す事で擬似サーチになる。
 ただし手札に加わるタイミングがエンドフェイズであるために1ターン遅れ、その間にセット召喚手札コスト等で手札から離されると奪えなくなり、使いづらさが目立つ。
 より確実なやり方としては、除外されている間に《原初の種》で回収すればタイムラグも無いが、《原初の種》自体が制限カードな上に発動条件もあるため、やはり使いづらい。

 それ以外だと、《ウェザー・レポート》効果発動するために《光の護封剣》を渡すといったことができる。
 または、《死のデッキ破壊ウイルス》を渡してみるのも面白い。
 発動したターンには、相手は一切のダメージを受けなくなるため、相手発動してくれれば《The big SATURN》1ターンキルを達成できる。
 しかし、完全に相手依存となる上に、使えそうなカードを渡している時点で間違いなく警戒されてしまう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果除外した後に、その除外されたカードの内1枚が除外されてない状態になった場合、エンドフェイズに残り1枚を手札に加える処理は行われますか?
A:いいえ、行われずに除外されたままです。(14/12/20)

Q:効果解決時にどちらかのプレイヤーデッキの枚数が0枚になった場合、もう片方のプレイヤーデッキカード除外する処理は行いますか?
A:いいえ、行いません。(14/12/20)


Tag: 《プレゼント交換》 魔法 通常魔法

広告