《プロンプトホーン》

効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 200/守 400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのレベル4以下のサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
レベルの合計がリリースしたモンスターのレベルと同じになるように、
自分のデッキ・墓地からサイバース族通常モンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した闇属性サイバース族下級モンスター
 下級サイバース族リリースし、レベル合計がそれと同じレベルとなるようにサイバース族通常モンスターデッキ墓地から特殊召喚する起動効果を持つ。

 言うなればサイバース族モンスターレベルを分割する効果の持ち主。
 1体のリリースから最大3体のサイバース族通常モンスターリクルート蘇生でき、リンク素材供給要員として機能する。
 《バランサーロード》《バックアップ・セクレタリー》《サイバース・コンバーター》などと併用すれば、リリースするサイバース族下級モンスターの確保は難しくない。
 また、リクルートだけでなく蘇生も可能なので、墓地通常モンスターデッキに戻す必要もない。
 なお一応自身もリリースできるが、レベル1を1体しかリクルート蘇生できないので、あまり意味がない。

 難点としては手札からの特殊召喚に対応していない点が挙げられる。
 該当の通常モンスタードローしてしまうと効果を使いにくくなってしまう。
 《リンク・スパイダー》等を併用してカバーしたい所。

  • 名前の元ネタは「コマンドプロンプト」+「プロングホーン」だろうか。
    • 「コマンドプロンプト」とは本来は入力待ちを表す記号を指す。
      Windowsではコマンドラインシェル(cmd.exe)に「コマンドプロンプト」という名前が付いているので、そちらの意味で認識している人も多い。
  • プロングホーンは北アメリカ西部の草原や半砂漠地に分布する哺乳類で、エダヅノレイヨウとも呼ばれる。

関連カード

特殊召喚可能な通常モンスター

レベル

レベル

収録パック等


Tag: 《プロンプトホーン》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 サイバース族 攻200 守400

広告